Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミック・シューマッハの2021年F1デビューが今週末のニュルブルクリンクで正式発表か?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

ミック・シューマッハが2021年にF1デビューすることが今季のF1第11戦アイフェルGP(11日決勝)の舞台となるニュルブルクリンクで発表されることになるかもしれない。 7度F1チャンピオンとなったミハエル・シューマッハの息子である21歳のミックは今年F2で2年目のシーズンを迎えており、現在ランキングトップに位置している。 そのミックは今週末のアイフェルGPでアルファロメオから金曜フリー走行1回目に出走することになっている。 ミハエル・シューマッハの公式ファンクラブ会長を務めるレイナー・ファーリングはドイツのテレビ局『RTL』に興奮気味に次のように語った。 「もし本当に来年ミックがF1でレースをすることになれば、我々にとって再び素晴らしい時代が訪れることになるだろう」 だが、初のF1公式セッション出走を控えたミック本人は、今のところ何よりもニュルブルクリンクの天候が気になっているようだ。今週末のニュルブルクリンクは雨模様となる確率が高いと予想されている。 「全くコースに出ることもできないほどのウエットにならないことを願うよ。じゃないと待つだけになってしまうからね」 そう語ったミックは、今週末が自分にとって重要なものであることは分かっているとテレビ局『n-tv』に次のように続けた。 「もちろん、僕は全てを重んじている。全チームの首脳陣やCEOといった大物たちの前で走るのは初めてだからね」 フェラーリのアカデミードライバーであるミックがフェラーリからエンジン供給を受けるアルファロメオから2021年にF1デビューするのはすでに既定路線となっていると考えられている。 そして、それを発表するにはミックの母国ドイツで行われる今週末のアイフェルGPがベストだろうと考えているメディアも多く、一両日中にそのニュースが伝えられる可能性がかなり高いと考えられている。 そして、現時点でのうわさでは、2021年にミックのチームメートを務めるのは現役F1最年長ドライバーのキミ・ライコネンになると言われている。 ミハエル・シューマッハが所属していた時期のフェラーリをチーム代表として率いていたジャン・トッド(現FIA会長)もミックはF1に昇格するにふさわしいと考えているようだ。 「ミックのことは彼が生まれたときから知っているよ」 イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』にそう語ったトッドは次のように付け加えた。 「彼はいいシーズンを送ってきた。彼はすごく重要な名前を持っている。だが、その名前によっていくつかのドアを開くことはできるかもしれないが、それだけでクルマをドライブすることもできなければ、彼が成し遂げてきた成功を得ることはできないよ」

【関連記事】

最終更新:
TopNews