Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

文大統領 ウズベク・ブータン首脳と電話会談=新型コロナ対策議論

配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日午後、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領、ブータンのツェリン首相とそれぞれ電話会談し、新型コロナウイルスに関連した協力について意見交換した。  ツェリン首相は「韓国が迅速なウイルス検査で感染者を追跡して治療し、対処に成功したことをよく承知している」とし、ブータンが現在切実に必要としている診断キットを緊急支援してほしいと要請した。  これに対し文大統領は、韓国政府が保健医療分野に弱い国を対象に診断キットの提供など人道支援を行っていることを説明し、「ブータンの要請も積極的に検討する」と応じた。  一方、ミルジヨエフ大統領は「韓国は文大統領の指導力と最高の保健能力により、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の状況で、理想的結果を出している」とし、ウズベキスタンに人道支援をし、医療専門家1人を派遣したことに謝意を示した。   文大統領は「新型コロナによる危機を克服するのに最も重要なのは国際社会の協力と連帯」とし、「韓国はコロナへの対応のための国際的な連携において、積極的な役割をしていく」と話した。 

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

【関連記事】