Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

働く母6人の「ポーチの中身」拝見!マスク生活でも1分で涼感リセットコスメ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

スタイリスト 高橋美帆さん モードすぎず、コンサバにならないベージュメイクを

「子育て中とはいえ、抜け感は大切にしたいので、色みを抑えてメリハリを出します」 (スタイリスト 高橋美帆さん) 1_コハンのスマイルコットンのマスクを愛用。肌荒れ予防のためにも肌にやさしい素材をセレクト。 2_ママバターの無香料のハンドクリームで手指の消毒後は保湿ケアを。子どもも一緒に使える成分なのも魅力。 3_・4_セルヴォークのヴォランタリー アイズ08と28。ベージュ系の服が多いので、メイクも必然的にベージュ系で合わせる。バランスのいい発色がお気に入り。 5_ukaのネイルオイル7:15はリラックスできる香りが好き。また子育て、服を触る仕事、コロナ禍の手洗いでささくれが増えたためお手入れを開始。 6_MiMCのアイライナー03はベージュ系なので、モードっぽく仕上げたい日に。

美容エディター 伊熊奈美さん 快適なマスクメイクと夏髪の涼感キープ!

「マスク後に目立つゴーグルゾーンのメイクと、ヘアケアで涼しげ印象に」(美容エディター 伊熊奈美さん) 1_アクセーヌのスキンカラーコントロール02は必需品。目の下の肝斑をカバーするとヨレず、きれいにカモフラ。 2_セブンフローのハーブサーキュレイトオイルサマージェルHBは、顔&体のどこでも使える保湿アイテム。 3_コスメデコルテのコンフォートデイミストが素晴らしい! メイク後にこれを使うと、マスクにファンデがつかなくなる。乾燥&テカリも予防できる。 4_エス・ハート・エスのスカルプブラシは一生モノ。ロングヘアの髪の絡みを取るだけでなく、頭痛がするときのコリほぐしにも。 5_ジョンマスターオーガニックのスリーキングスティックで、まとめ髪のときの後れ毛や衿足に束感を足す。

眠りとお風呂の専門家 小林麻利子さん 自律神経を整えながらすっきりメイク直しを

「メイクで身だしなみを整えるのはもちろん、自律神経をコントロールし本当の意味でのリセットを心がけます」(眠りとお風呂の専門家 小林麻利子さん) 1_アメイズプラスのミミオンは自身がプロデュース。夏でも耳まわりを温め、自律神経を整えると、コリなど不調の予防に。 2_ビオレのメイクしたままさっぱりシートは、肌をこすらず皮脂ケアできるので愛用。 3_ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップのローズだけで夏のベースメイクはOK。日焼け止めも兼ねられる。 4_ディオール アディクトのリップ グロウ001の淡いピンクで唇の血色をよく見せる。マスクを取る場面でも、さりげない色でくすみ予防ができる。 5_サティシェ エッセンスイン アイシャドウES-1はくすんだ目元をリセットに。

【関連記事】