Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ステイホームで出費増!?」コロナで家計はどう変わったのか。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を目的とした外出自粛の期間をきっかけに、企業では在宅勤務、一斉休校措置がとられた教育現場ではオンライン授業などをとりいれる動きが加速しました。こうした日常生活の変化は、それぞれの家計にどんな影響を与えていたのでしょうか。

データに見る、外出自粛期間中の消費傾向

まず、2020年6月に総務省統計局が公表した、『新型コロナウイルスの感染拡大により 消費行動に大きな影響が見られた主な品目など(※1)』から抜粋してみましょう。これは、定期的に行われている『家計調査報告』の一環として報告された資料です。  食料  対前年同月比で『パスタ』が70.5%増、『即席麺』が43.3%増、『チューハイ・カクテル』が42.1%増など、全体的に家の中で消費するものに増加傾向が見られました。一方、『食事代』は63.3%減、『飲酒代』は90.3%減と、外食費は大幅に減少しています。  保健医療  対前年同月比で『保健用消耗品 ※マスク、ガーゼを含む』が123.9%増となっています。一方、『マッサージ料金等(診療外) ※病院や整骨院(接骨院)、鍼灸院以外』は55.4%減となっています。  交通・通信費  対前年同月比で『鉄道運賃代』が89.9%減、『鉄道通学定期代』が88.1%減、『鉄道通勤定期代』が41.2%減など、全体的に大きく減少しています。一方、『郵便料』のみ58.6%増となっています。  教養娯楽  対前年同月比で『パソコン』が72.3%増、『ゲーム機』が68.2%増(3月は165%増)、『ゲームソフト』が102.8%増(3月は157%増)など、全体的に大きく数字を伸ばしています。また、『インターネット接続料』も、17.7%増という結果が出ています。 一方、『宿泊料』94.7%減、『パック旅行費』97.1%減、『映画・演劇等入場料』92.7%減 など、アミューズメント施設や旅行費の減少傾向が目立ちます。 (※1)『新型コロナウイルスの感染拡大により 消費行動に大きな影響が見られた主な品目など 家計調査報告追加参考図表』2020年6月5日公表 総務省統計局

【関連記事】

最終更新:
LIMO