Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タカラトミーで初めて社長に めざしたのは「顔が見える経営者」 新日本プロレス前社長

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

【出世ナビ】仕事人秘録 新日本プロレスリング前社長 ハロルド・ジョージ・メイ氏(12)

タカラトミーで社長を経験し、それまでの仕事と根本的な違いを感じた。会社の大きな方向性を決めるために長期の視点が重要ということだ。

新日本プロレス社長としては「率先して前に立ち企業の顔になる」ことを心がける。自ら会場に赴いてファンに声をかける。ステッカーを配り写真撮影にも応じる。背景にはマーケティングの変化があるという。

【関連記事】