Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

熊本・球磨川水害に専門家提言「ダムではなく流す対策を」

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 台風シーズン前に発生した線状降水帯は九州を襲い、熊本県では球磨川の氾濫により死者を伴う大きな被害をもたらした。一方で、球磨川に流れ込む支流・川辺川に計画通りにダムを建設していれば氾濫しなかったのではという発言も見られる。今回の水害はダム建設によって防げる余地はあったのか。八ッ場ダム(群馬県)住民訴訟やスーパー堤防問題など河川行政問題に取り組んできた西島和弁護士に聞いた。 「九州をはじめ、各地で深刻な水害が起こっていることに心が痛みます。『どうにか防ぐことはできなかったのか』と考えることは当然で、大切なことです。しかし、水害直後に専門家から『川辺川ダムを中止しなければ氾濫を防げた』という話がでてきたのには、おどろきました。はっきり言えるのは、どこでどの程度の雨が降り、洪水が発生したのか、まだ十分にわからない時点で、「ダムがあれば防げた」という話はできない、ということです。  水害対策は、おおまかに、(水を)流す対策と(ダムなどで)貯める対策の2種類にわけられます。 一般的には、川の上流にダムをつくるより、河道掘削などの流す対策(河道整備)の方がコストパフォーマンスがいい。ダムは雨の降る場所や雨の降り方によって役に立ったり立たなかったりするのに対し、河道整備は、雨の降る場所や降り方にかかわらず着実に安全度を上げることができるからです。川辺川ダム計画があった当時、地元では流す対策をきっちりやってほしいと求めていました。とくに今回深刻な被害が出た人吉のあたりでは川に土砂が溜まっているので、これをどけて、川底を掘削して、よりたくさん水が流れるようにと要望していました。しかし、球磨川の管理をしている国は、理由にならない理由をつけて、土砂の除去や川底の掘削をやろうとしなかったときいています。まさかとは思いますが、国交省が川辺川ダムをつくりたいがために土砂の除去をせずに危険な状況を放置していたとすればそれは大問題でしょう。今後検証されなければなりません」 ――今回、利水ダムの事前放流がされませんでした。 「昨年の東日本台風で、水害対策を目的としない利水ダムによる緊急放流が、水害の危険をたかめたと問題になりました。この問題について、国は、大雨が降りそうなときは事前放流をして、ダムの水位をさげてもらえるように『協定』を結びました、だから安心です、とPRしました。ところが今回は雨量が急激に大きくなることを予測できなかったので、「協定」にもかかわらず事前放流がされなかったということのようです。もともと、雨量の予測を『ダムの上流』という狭い範囲で正確にできるのか疑問の声があがっていましたが、まさに、その限界が露呈してしまったかたちです」 ――ダムによる水害対策は、降雨の想定場所や規模や降り方、放流のタイミングなどが合わないと対策が効果的ではないと言われていますね。 「そうですね。ダムが役立つのは、さまざまな偶然が重なった場合に限られます。ダムに水が貯まっても、放流のタイミングを間違えれば、被害を拡大することになりかねません。また、ダムは、管理にも手間がかかります。球磨川水系の瀬戸石ダム(利水ダム)のように、ダムの上流に土砂が溜まってしまって、ダム上流の水害を拡大させていると指摘されているダムもあります」

【関連記事】