Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ある程度稼ぐと「物欲がなくなる」は本当か?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

お金に困っている人ほど浪費癖があるものです。その一方である程度お金を稼ぐと、「徐々に物欲がなくなる」という話があります。 筆者はビジネス柄、お金をたくさん稼ぐ方と付き合いがあるのですが、彼/彼女らは積極的に資産運用、自己投資、事業投資にお金は使うものの、総じて「消費のための物欲」はないように思えます。筆者自身、決して富豪などではないものの、自身でビジネスをすることで、所得がサラリーマン時代の10倍以上になりました。その結果、自分自身が物欲はほとんど消えてしまい、驚いた経験があります。 なぜお金が増えるほど物欲がなくなってしまうのでしょうか。その真相を解説します。

物欲の多くは「承認欲求」が生み出している

「マズローの欲求段階説」という有名な話があります。人間は下位の欲求を満たすたびに階段を登るように上位の欲求へと進むという話です。 ほとんどの日本人は食べるものに困っておらず、雨風をしのぐ家を持っています。また、会社や仲間がおり、「毎日が生きるか死ぬか?」という生活をしている人はあまりいません。そのため、多くの日本人が行き着く先は「承認欲求」です。周囲を見ればみんな同じ文化、同じ言語、同じ環境で育った人ばかり。こうした環境下では「横並びから脱して、自分は特別でありたい」という気持ちが芽生えるのです。 その結果、周囲から抜きん出た存在になりたくて競争的になります。日本人は大人しく見えて、その実、意外にも競争的な国民性だと感じます。SNSをみれば承認欲求を満たすために、ブランドバッグや高級タワマンで充実した時間を過ごすサマを見せびらかしたい人は山のように出てきます。また、学歴マウント、勤務先マウント、収入額マウントなど絶えず他者を意識してしまうのは、承認欲求を満たすためなのです。 物欲が強い人は、自分が使うために「必要だから物を買う」というより、「人によく見られたいから買う」という行動を取りがちです。他者を強く意識し、認めてもらいたい欲求を叶えるための物欲はバカにならない出費です。

【関連記事】

最終更新:
LIMO