Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

森山未來×北村匠海×勝地涼『アンダードッグ』初日決定 特報でボクサー姿公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 森山未來、北村匠海、勝地涼が『百円の恋』の武正晴監督&足立紳脚本コンビのもと、三者三様のボクサーにふんする映画『アンダードッグ』の初日が11月27日に決定し、初映像となる特報及びキャラクターポスターが公開された。 【動画】森山未來×北村匠海×勝地涼のボクサー姿!『アンダードッグ』特報  本作は、スターダムに駆け上がっていく選手たちの陰で“咬ませ犬”として踏み台にされる晃(森山)、児童養護施設で育ち過去に秘密をもつ天才若手ボクサーの龍太(北村)、大物俳優の二世タレントで、テレビ番組の企画でボクシングの試合に挑む芸人の宮木(勝地)、3人の負け犬たちの人生が交錯するドラマ。キャラクターポスターでは、3人のビジュアルと共に「夢みる燃えカス。」「夢あふれる悪童。」「夢探す半人前。」とそれぞれのキャラクターを象徴するコピーが配置されている。

 特報は、リングでタバコをふかしながら大の字に寝転ぶ晃に、龍太が「さすがにヤバいでしょ、リングでタバコ吸ってたら」と語りかける場面からスタート。スローモーションでダウンする晃、スパーリングする龍太、そしてリング上で攻められる宮木。いずれものし上がろうともがく3人だが、晃に浴びせられるのは「俺見たよ、アンタの日本タイトル。そっから全然駄目じゃない」「もう一度輝きたいなんて思ってんじゃねえだろうな」といった残酷な言葉。終盤には嗚咽をもらしながら一人とぼとぼと歩く晃の姿があり、壮絶な生きざまを予感させる。

 なお、本作は劇場版と配信版を制作。劇場版では前後編で3人の男たちのドラマを中心に描き、配信版は、3人の男たちと彼らをとりまく面々の群像劇を8話で展開する。(編集部・石井百合子)

劇場版『アンダードッグ』【前編】【後編】は11月27日よりホワイトシネクイント他で全国公開 配信版『アンダードッグ』は、ABEMAプレミアムにて11月配信開始

【関連記事】