Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

孤独死は、死ぬ予定があるひと全員が関係ある話/カレー沢薫・自作解説

配信

女子SPA!

『負ける技術』『ブスの本懐』など人気作品の多い、漫画家・コラムニストのカレー沢薫さん。 ⇒【マンガ】「ひとりでしにたい 1」より  35歳からの終活を描く新刊マンガ『ひとりでしにたい』も、雑誌連載当初から、「身につまされる」「終活についてマジメに考えるようになった」「30代以上は全員読むべき」と評判で、第1巻発売後も反響のある作品です。  ところが、発売から約1ヶ月半、カレー沢さんがTwitterで作品打ち切りの可能性について言及し、3.1万のフォロワーに衝撃が走りました。その背景には、なんとコロナ禍の影響があるようで…。  名作が終わってしまうのはあまりに惜しく、カレー沢薫さんご自身に作品解説をお願いした次第です。 (以下、カレー沢薫さんの寄稿です。)

自分の作品を自分で解説しろという仕事が来た

「作品解説をしてほしい」という仕事の依頼が来た。  作品解説とは、文字通り、「この作品のここが面白い」的な解説をしたり、口を極めて罵倒し作者やそのファンに殺害予告をされる仕事である。  以前にも作品解説の仕事をさせてもらったことはある。  私に頼む時点で売る気がないのかなと思うが、正直自分で作品を作るより、お他人様が作ったものにガタガタ言う方が労力的には楽である。  もちろん解説や批評の仕事が楽というわけではない、上記のように恨みを買うこともあるし、作品を正しく批評するには正しく理解する必要があるので、相当の理解力と知識がないと無理である。  バカにしたつもりで己のバカを露呈する可能性も高い、責任が重くリスキーな仕事なのだ。  今回解説させていただくのは「ひとりでしにたい」という漫画作品である。  誰も知らないと思うので、説明させていただくが、まずこの作品の作者は「私」だ。  つまり自分の作品を自分で解説しろという仕事が来た、ということである。  そういうのは、普通他人やってもらうものではないのか。  しかし「自己PR」という言葉もある。 「恥ずかしい」というだけで自薦しても良いはずだ。  この「ひとりでしにたい」は今年3月に1巻が発売したのだが、今のところ2巻で終わる予定である。  これは想定通りの終了という意味ではなく、極めて良くない言葉を使えば「打ち切り」だ。

【関連記事】