Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

富士急ハイランドにエンタメ和スイーツカフェ 「絶叫戦隊ハイランダー」テーマに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 富士急ハイランドに9月1日、エンタメ和スイーツカフェ「喫茶 不二休(ふじきゅう)」がオープンした。(富士山経済新聞) 【写真】喫茶「不二休」販売商品  富士急ハイランドの公式キャラクターである「やる気のないヒーロー『絶叫戦隊ハイランダー』」をテーマにした同店。店内では、富士山・山梨の名産品や、和菓子店とタイアップしたさまざまな和スイーツを用意する。  「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」で知られる桔梗屋が手掛ける「桔梗信玄ソフト+」や、富士山型のクッキー「フジヤマクッキー」が付いた「FUJIYAMA COOKIEソフト」、おやいづ製茶のオリジナルブランド「雅正庵」の「天空の囲い茶園」で栽培された抹茶を使う「天空抹茶クリームラテ」などを提供。  味やトッピングを選んで自由に盛り付けパフェを作ることができる「FUJIYAMAデコパフェ」、リンゴやザクロ、ラズベリーなどフレッシュフルーツをふんだんに使った紅茶やソーダ、富士山型の「ふじやまたい焼き」なども用意する。  ほとんどのメニューはテークアウトすることができ、店の前に設けられたテラス席では、眼前に広がるクリスタルラグーン池と富士山を眺めながら商品を食べられるという。  「喫茶 不二休」の一角は、一見すると畳敷きの小上がりにちゃぶ台、テレビにレトロなアイテムがそろった庶民的な雰囲気だが、実は「絶叫戦隊ハイランダー」の基地という設定。壁面には先祖の写真や行動予定表、世界征服を目指す地図などが飾られている。テレビではハイランダーたちの活躍を描いた映像を上映。ハイランダーのキャラクター紹介パネルや年表も見ることができるほか、「絶叫戦隊ハイランダー」の歴史や素性を知ることができるミニミュージアムとしても楽しめるという。  営業時間は9時~18時(日により異なる場合あり)。入園無料。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】