Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

久保建英とビジャレアルは最高の盟友。だからこそ求められる、日本メディアの報道姿勢

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
REAL SPORTS

8月11日、所属するスペインリーグ1部レアル・マドリードからビジャレアルへの1年間の期限付き移籍を決めた久保建英が入団会見を行った。国内外30クラブ以上からオファーを受けたとされる久保選手本人が「最良のオプションだった」と自信を持って語る理由とは? 長年スペインサッカーを取材する小澤一郎氏が、レアル・マドリードが設けた3つの条件について、そしてビジャレアルというクラブの在り方そのものについての魅力を解説する。 (文=小澤一郎、写真=Getty Images)

ラ・リーガ上位3チーム以外はすべて獲得に興味

サッカー日本代表の久保建英が11日、1年間の期限付き移籍をするビジャレアルで入団発表を行った。昨季はラ・リーガで5位に入り、来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を持つ名門クラブへのステップアップ移籍に日本はもちろん、スペインでも大きな関心と期待が寄せられている。 スペイン国内外から30以上のオファーが届き、現地記者に確認したところドイツの名門バイエルン・ミュンヘンからの関心があったのも事実のようだ。しかし、レアル・マドリード所属選手としてマドリードへの復帰が久保にとって本当の意味でのスタートラインであることに変わりはない。 11日の入団発表でビジャレアルへの移籍が「最良のオプションだった」と久保本人がコメントした通り、ラ・リーガや欧州の中でも「強豪」に位置づけられるビジャレアルのようなクラブへの移籍は久保の成長や来季のマドリード復帰の可能性を最大限に高めるステップアップを確実に保証するものだ。 シーズン終了直後から久保の去就についてはスペインでも過熱気味の報道が続いた。当初はビジャレアル同様に来季ELに出場するレアル・ソシエダ、そしてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を戦うセビージャや、同じアンダルシア州のベティス、グラナダといったクラブが挙がっていたが、オサスナやセルタといったクラブまで争奪戦に参戦するようになるとラ・リーガ1部の上位3チーム以外はすべて獲得に興味を示しているような様相を呈するようになる。 そんな久保争奪戦を制するクラブが8月5日に突如として浮上する。スペインの大手スポーツ紙『AS』は5日にWEB版で「久保、ビジャレアルへ期限付き移籍へ」と題した記事を掲載し、「ビジャレアル、レアル・マドリード、選手(久保建英)間の合意に達した。買取りオプションなしの1年の期限付き移籍にサインする」という内容を報じた。 移籍確定の第一報記事を書いたASのビジャレアル担当ハビ・マタ記者は「当初ビジャレアルは獲得の可能性がないと見ていたため、久保を(補強の)第一候補には考えていなかった」と明かす。事実、ビジャレアルにとっての第一候補は同じレアル・マドリード所属のMFオスカル・ロドリゲスで、7月末の段階で選手とは口頭レベルでの合意に達していた。 しかし、同じく7月末にウナイ・エメリが監督就任したことでビジャレアルの補強戦略に変化が生じる。昨季のビジャレアルの中心としてゲームメイクを担っていた元スペイン代表MFサンティ・カソルラが契約満了でカタールへ移籍したことで、エメリ監督は中盤2列目のライン間でのプレーに長けた久保に白羽の矢を立てた。

【関連記事】