Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東京・有明に「Porsche Now Tokyo」オープン!──タイカン登場で進行する、ポルシェの新たな試みとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

ポルシェ初の電気自動車となるタイカン。その導入にあたり、ミレニアル層を中心とした「次世代カスタマー」に向け、ポルシェブランドとタイカンをアピールする新たな施策が行われている。その目的や思いをポルシェジャパン社長ミヒャエル・キルシュ氏に聞いた。 【写真を見る】クルマ好きの心もつかむポルシェの試み

若い世代や社会で活躍する女性にも共感してもらいたい

今年7月、東京・有明に「Porsche Now Tokyo」というポップアップストアが出現した。2021年8月31日までの約1年の期間限定オープンという。目の前には有明コロシアムが、すぐ脇にはBMXコースが、そして歩いて数分のところには有明体操競技場がある。オリンピック会場に囲まれたこの地は、本来ならば目論見どおりたくさんの人で溢れかえっていたはずだ。 なぜいまポルシェがポップアップストアをつくるのか。ポルシェジャパンの社長に就任してちょうど1年が経過したミヒャエル・キルシュさんに尋ねた。 「年に2回、各国の社長が集まるミーティングがあります。ブランド初の電気自動車タイカンを導入するにあたって、これからは、もっと若い世代の人たちや、社会で活躍する女性にもポルシェというブランドに共感してもらいたい、と、そう考えたときに、これまでのようにディーラーへ足を運んでくださいというだけでは敷居の高さもあって難しいだろう、と。では、こちらからお客様のいる場所へと出ていって、新しいことに挑戦してみようと決めたのです」 そうしたきっかけで生まれた「ポルシェナウ」というコンセプトのもとにつくられたポップアップストアが、いまドバイ、アテネ、台北、シュトゥットガルト、そして東京と続々とオープンしている。今後国内では、名古屋や大阪などへの展開も予定しているという。 新型コロナ禍もあって2020年の上半期の国内新規登録台数は、自動車業界全体で約4割減、輸入車は約25%減と苦戦していた。しかし、ポルシェのセールスは好調だ。なんと1-6月は対前年比16.3%アップで、過去最高を達成している。新型911(タイプ992)やカイエンクーペなどの新型車効果もあると思われるが、ブランドの強さがわかるというものだ。 ポルシェのラインアップは大別すると、911というアイコンを筆頭にボクスター、ケイマンというスポーツカー系、マカンとカイエンというSUV系、そしてパナメーラというセダン系となるが、すべてにおいてポルシェならではの味付けがなされており、それがプロダクトとしての最大の魅力だ。そして電気自動車のタイカンにおいてもそれはまったくかわらない。しかし、スポーツカーにとって重要な“エンジン音”のないクルマが市場でどう評価されるのか。ポルシェにとっても大きなチャレンジであることはいうまでもない。

【関連記事】