Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新規大会をリードするナイスガイ コリン・モリカワって?

配信

ゴルフ情報ALBA.Net

オハイオ州ダブリン、ミュアフィールド・ビレッジGCで開催されている「ワークデイ・チャリティ・オープン」2日目を終えて暫定ながらトップに立つのはコリン・モリカワ(米国)、23歳だ。 松山英樹のスイングをプロコーチが解説【連続写真】 初日に「65」をマークし首位発進を決めると、雷雨に見舞われた2日目も中断再開後にすぐさま7番で2メートルのバーディーパットを沈める安定したプレーでこの日も「66」と伸ばし、リードを広げた。 カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ2年目。サンフランシスコ郊外のカリフォルニア州立大学バークレー校で活躍し、2018年5月には世界アマチュアランキングの1位に3週間君臨した。プロ転向したのはわずか1年前。昨年6月の「RBCカナディアン・オープン」でプロデビュー。それからわずか6試合目の「バラクーダ選手権」でツアー初優勝を飾った強者だ。 ツアー再開初戦の「チャールズ・シュワブ・チャレンジ」ではダニエル・バーガー(米国)にプレーオフで敗れると、3戦目の「トラベラーズ選手権」で、なんとプロ転向後初の予選落ち・モリカワはここまで22試合予選落ちなしで戦って来た。ちなみにこれは1996年にプロ転向したタイガー・ウッズ(米国)の25試合連続予選通過に次ぐ大記録だった。残念ながらタイガーの記録は塗り替えることはできなかったが、昨季は9大会に出場して優勝を含むトップ10が3回。フェデックスカップランキングも59位と堂々のルーキーシーズンだった。 さて、モリカワという名字からも分かるように、ハーフジャパニーズ。父が日系米国人で、中国人の母を持ち、父方の祖父母はハワイ出身。昨年10月の「ZOZOチャンピオンシップ」では「日本に来たのは2度目。練習日からこんなにたくさんのファンがコースに集まってびっくりしている」と話したが、残念ながら日本語は話せない。それでもなかなかのハンサムボーイで、ツアー転戦にはガールフレンドのキャサリン・ズウさんが同行し、1月の「ソニーオープン・イン・ハワイ」では二人でラウンドする姿も公開。キャサリンも大学でプレーしたゴルファーで「二人でチップの戦いをすると7割は彼女が勝つんだ」と明かしている。 トラベラーズ選手権での予選落ちの後はすぐさまコーチとスイングチェック。「基本に戻ってすべてチェックした。アドレス、姿勢、グリップ、ようやく持ち球のフェードが打てるようになった」とモリカワはショットに自信を取り戻した。松山英樹も上位にいる今大会。3日目次第では、最終日に二人の優勝争いが見られるかもしれないと大いに楽しみだ。(文・武川玲子=米国在住) <ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】