Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

薪がよく燃えるソロストーブ「ユーコン」なら、キャンプファイヤーがもっと楽しくなる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WIRED.jp

この5年、さまざまな製品のレヴューを書いてきた。素晴らしいプロジェクターやオーディオマニアも納得のターンテーブルを使わせてもらったし、評判のいいワイヤレスヘッドフォンをすべて試した。こうしたなか、わが家の同居人がぜひ買おうと主張した製品は、ソロストーブ(solo stove)のファイヤーピット「ユーコン(Yukon)」だった。 【動画】薪がよく燃えるソロストーブ「ユーコン」 ばかげた話だと思うかもしれない。レンガを20ドル(約2,100円)分も買えばそれなりのたき火台をつくれるし、立派な小型のウッドスートヴでも価格は100ドル(約10,600円)程度だ。それなのに、直径約27インチ(約68.6cm)のステンレススティールの塊に500ドル(日本では直径76cmの旧モデルが税込み71,500円)も出す意味があるのだろうか。 そんなわけで、ソーシャル・ディスタンス(社会的な距離)を保つよう注意しながら1カ月ほど使ってみたが、ユーコンがどれだけ素晴らしいかをお伝えしなければならない。特許も取得している美しいデザインのウッドストーヴを置くだけで、雑草のはびこるうちの庭でもハチの集まる自然保護区のように見える。そして何より、これほど効率よく木を燃やすことのできるストーヴは初めてだ。

あまりによく燃えるので、薪は硬木がいい

誰でもそうだと思うが、わたしもオークの薪を使ったバーベキューが大好きだ。ただこれまでは2カ月に1回、ポートランドにある人気のバーベキューレストラン「Matt’s BBQ」(料理タレントのガイ・フィエリのお薦めだ)に足を運ぶとき以外は、火を燃やすときにどの木を使うかなど考えたこともなかった。 木は種類によって燃焼スピードなどが違うということを、知らなかったわけではない。普通にたき火をするときは、どんな木でもだいたいゆっくりと燃えていくので、特に気にする必要はなかったのだ。 ユーコンを初めて使ったときは、ベイマツ(わたしが住んでいる辺りではいちばん安い木材だ)を燃やしたのだが、すぐにもっと硬い木が必要であることに気づいた。これは火の温度と関係がある。円筒形のユーコンは上下に小さな丸い穴があるが、これは通気口で、火を起こした瞬間から空気がたくさん取り込まれるようになっている。 ただし、非常によく燃えるので、針葉樹のような軟木だとあっという間に灰になってしまう。実際にやってみて、ベイマツだと中くらいの大きさの丸太でも30分程度しかもたないことがわかった。次回はもっと硬い材質の薪を選ぼうと思っている。

【関連記事】