Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内野の要の現状は? セ・リーグ6球団「遊撃手」事情

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

読売ジャイアンツ

 キャプテンであり、打線のけん引車でもある坂本勇人が長く内野の要を務める。2008年、高卒2年目の開幕戦は「八番・セカンド」で先発出場したが、試合途中にショートの二岡智宏(現巨人三軍監督)が故障、離脱したことでショートに回り、以降、現在に至るまで不動の存在に。広い守備範囲と正確なスローイングを武器に、徐々に確実性も増して、2016年にゴールデン・グラブ賞を初受賞。その後、17年、19年と同賞を受賞し、“名手”の仲間入りを果たした。打っても12年に最多安打(173安打)、16年に首位打者(.344)と最高出塁率(.433)のタイトルを獲得。通算2000安打も今季中の達成が濃厚で、球団史上最高ショートの呼び声も。ポスト坂本の候補としては、現在は二遊間を組む吉川尚輝か。 巨人・坂本勇人はどこまで記録を伸ばす?

阪神タイガース

 昨季まで木浪聖也と北條史也という同学年の2人がショートの座を争っていた。今季もその戦いが続くと思われており実際、開幕当初は先発が右投手なら左打者の木浪、左腕なら右打者の北條がスタメンに名を連ねるという起用法だった。しかし、北條が不振で二軍降格となると木浪が遊撃のレギュラーに。現在ではチーム2位の試合出場数になっている。まだまだ守備は粗削りで、5個のエラーを犯しているが、それでも新人だった昨季よりも格段に安定感が出てきている。今季はこのまま、木浪が正遊撃手の座を守り続けるはずだ。

横浜DeNAベイスターズ

 74試合を終えた現時点で、大和が49試合でショートを守り最多出場ではあるが、固定できていない。ここ最近は、大和はセカンドを守る機会も多い。というのも、ショートのポジションは打撃優先で決まることが多いからだ。今季は倉本寿彦が打率.328と好調をキープ。さらには、6月、7月は柴田竜拓もヒットを量産し、レギュラー争いに食い込んできた。そのため、この3人が「日替わり」でショートの守備に就く。守備力よりも、打撃を重視するラミレス監督らしい起用法と言えよう。

【関連記事】