Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

鉄人・大野均と盟友トンプソンの絆。 キンちゃん離脱の危機をトモが救った

配信

webスポルティーバ

日本ラグビー界の「鉄人」こと42歳のLO(ロック)大野均(東芝ブレイブルーパス)が引退を決意した。今年1月には39歳(当時38歳)のLOトンプソン ルーク(元・近鉄ライナーズ)も現役を引退。わずか4カ月の間に、ラグビー日本代表を支えてきた「LOコンビ」が続けてユニフォームを脱いだ。 【写真】「美女アスリート」のスーパーボディ10連発  ふたりは2007年、2011年、2015年のラグビーワールドカップに揃って出場。国際試合に出場した回数は、トンプソンが71キャップ、大野が歴代最多の98キャップを数える。ともに出場した試合は50を超え、一緒に先発した試合は30ほど。お互いに「トモ」「キンちゃん」と呼び合う盟友だ。  トンプソンとともに出場して一番記憶に残っている日本代表の試合を訊くと、大野は真っ先に「2007年W杯フランス大会のフィジー代表戦」を挙げた。これは、大野の体重が1試合で4kgも減ったという逸話がある。 「(トモとの思い出は)いっぱいあります。最初にワールドカップで試合したフィジー代表戦は(31-35で)勝てなかったが、すごく覚えています」

大野は2004年に初キャップを獲得。それに対し、トンプソンは2007年に3年居住の条件をクリアしてついに日本代表入りを果たした。そしてふたりは、初めてW杯の舞台に立つ。  ニュージーランド代表のレジェンドWTB(ウイング)だったジョン・カーワンHC(ヘッドコーチ)に率いられた日本代表は、今大会で目標とする「W杯2勝」を実現させるため、現実的な戦略として2チーム制を敷いた。予選プール初戦のオーストラリア代表戦は若手中心の2軍チームで臨み、続くフィジー代表戦には主力メンバーで挑んだ。  フィジー代表戦に出場したふたりは、当時29歳と26歳。ともにハードワークを信条とし、日本代表のFW陣を支えた。4番の大野はボールを持たない場面でも常に全力プレーを見せ、5番のトンプソンも後半に2トライを挙げるなど、ともに輝きを放っていた。  CTB(センター)大西将太郎のプレースキックも好調で、前半9-10という接戦で折り返す。スタンドの観客も盛り上がり、「ジャポン、ジャポン」とフランスのファンも味方につけた。しかし、最後は逆転できずに万事休す......。日本代表にとってW杯16年ぶりの勝利は叶わなかった。

【関連記事】