Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

子育てしながら運動を習慣づける3つのコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

パーソナルトレーナーのカイラ・イチネスは、オリジナルのワークアウトプログラム『ビキニボディガイド(BBG)』、フィットネスアプリ『SWEAT』、オンラインコミュニティーを通して、何百万人というフォロワーを“フィットで自分に自信のある強い女性”に変えてきた。しかも彼女のワークアウトは、家から出なくてもできる。 【動画】宅トレで12キロ痩せた三児の母が教える! テレビを観ながら腹凹&美脚になる術 今回はカイラ直伝、子育て中のホームワークアウトを一貫して続ける3つのコツをイギリス版ウィメンズヘルスからご紹介。

カイラは、「体を本気で変えたいのなら、家で汗を流せばいい」と心の底から信じている。 でも、仕事や子育て、料理や洗濯に追われていると、自分の時間を取るのが大変。しかも、現在の私たちは世界的なパンデミックの最中にある。 「外出自粛中のみんなの努力は素晴らしいもの。グーグルハングアウトやZoomを通して、お互いを画面越しに励まし合うワークアウトコミュニティーは本当にすごいけれど、自宅でワークアウトを続けるのは簡単なことじゃない」 そこで今回は、ホームワークアウトを少しだけラクにする3つのコツをカイラが教えてくれた。早速見ていこう。

1.エクササイズ専用のスペースをつくる

「まずはエクササイズ専用のスペースをつくってほしい」と話すカイラによると、子供にも、そのスペースの重要性を説明しておくことが大切。「『ここはママが運動をする場所よ』と話しておけば、子供にも触ってはいけないことが分かるはず。ウォーターボトルやヘッドホンを置いておき、いつでも始められるようにして」

2.ワークアウトを予定に入れる

ワークアウトを習慣化し、子供の理解を促すためには、ワークアウトを予定に入れてしまうこと。 「ワークアウトを毎日の習慣にして、子供たちも巻き込んじゃって!」とカイラ。「『ママは1時から運動するよ。あなたも一緒にやる?』と聞いてみて。子供たちはBBG(12週間のHIITプラン)系のワークアウトが大好きだし、バーピーやプッシュアップをしたあとはぐっすり眠ってくれるわよ」 小さい子には、ワークアウトの間だけ塗り絵などのアクティビティを楽しんでもらうといい。

【関連記事】