Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オーディオテクニカ初のノイキャン完全ワイヤレス「ATH-ANC300TW」は総合力で勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
&GP

2020年の完全ワイヤレスイヤホンのテーマは“ノイキャン”。日本のイヤホンブランドであるオーディオテクニカも、初のノイキャン付き完全ワイヤレスイヤホン「ATH-ANC300TW」を、5月末に実勢価格2万7000円で発売しています。 【詳細画像はこちら】 “オーテク”と呼ばれ日本国内ではファンも多い同社。以前から“QUIETPOINT”シリーズとしてノイズキャンセルモデルを多数手がけてきた実績があります。最新モデルである「ATH-ANC300TW」の気になる性能と音質も詳しくチェックしていきましょう。

通話マイクが実は優秀

オーディオテクニカのイヤホンとして初めてノイズキャンセル対応として登場した「ATH-ANC300TW」。DLC(Diamond Like Carbon)コーティング振動板を採用した専用設計5.8mmドライバーを搭載という音質設計に、音導管内に超小型のノイズキャンセリング用マイクを搭載した、バランスを考えた設計です。 装着してみると、ボディは大型で背も高い。外からは少々目立つかもしれません。マットなカラーに立体的なオーディオテクニカのロゴマークで、デザインは精悍。フィット感は弱く、フチで自然と止まるイメージです。 付属イヤーピースはXS/S/M/Lサイズの標準イヤーチップとフォームタイプであるコンプライが付属。密閉感を求めるならコンプライを装着してね、という考え方なのでしょう。音質への影響はのちほど。 再生時の操作はイヤホン左右の上部にある小さなボタンで行います。装着しながらでも操作しやすいタイプですね。再生/停止、曲送り/戻し、音量調節と、ひと通りの操作が可能。ノイズキャンセル/ヒアスルーは左側のボタンになります。 イヤホン単体で4.5時間再生とやや短め。充電ケースと合わせると最大18時間になります。充電ケースのサイズもコンパクトとは呼べず、バッテリー性能はあと一歩…。 ビデオ会議用にPCとペアリングして通話マイク性能もチェックしてみたところ、予想以上に高音質で声のニュアンスから周囲の音まで高感度に拾います。これは通話品質を高めるQualcomm cVcの効果もありそう。ビデオ会議の通話マイクとして十分通用する高音質です。 音楽リスニング機能も検証していきましょう。 部屋のなかでノイズキャンセルを試してみると、低域から中高域まで全帯域の騒音をバランスよく低減してくれます。エアコンなどには効果アリ。電車の重低音の騒音は完全には消えず、ボリュームダウンするイメージです。 なお、駅で検証していて気付いたのですが、混雑していた所では数回音途切れが発生していました。 専用アプリ「Connect」を利用すると“Airplane” “On the go” “Office/Study”と切り替えも可能。外音取り込みの“ヒアスルー”もLOW/Medium/Highと切り替えられます。ただし、切り替えにはアプリ必須。できればボタンで切り替えたいかも。

【関連記事】

最終更新:
&GP