Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州カップ戦へ「大きな打撃」…アルテタがダービー敗戦に失望と不満

配信

GOAL

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、ノースロンドンダービー敗戦に肩を落とした。 12日に行われたプレミアリーグ第35節でアーセナルは敵地でトッテナムとのダービーを迎える。アレクサンドル・ラカゼットが16分にネットを揺らして先制したアーセナルだが、直後に失点すると、終盤にも得点を許して、1-2でトッテナムに敗れた。 この敗戦で10位にまで後退し、来シーズンのヨーロッパカップ戦への望みが薄れたアーセナルのアルテタ監督は、試合後の会見で「失望しているし、不満があるし、まず最初に選手たちに申し訳なく思う」と失意を口にするも、前を向いた。 「求めていたことはできていた。しかし、このような相手に敵地で2ゴールを許せば、ダービーで勝つことは困難だ。今週末の結果から、勝ち点で大きな打撃になったことは言うまでもない。しかし、望みがある限り、戦い続ける。リーグ戦とFAカップの2通りの方法で戦い、できる限り力強いフィニッシュを迎えたい」 ソン・フンミンの同点ゴールはDFラインのミスから生まれ、CKから決勝点を献上するなどアーセナルはDF陣に問題を抱える。この件についてもアルテタ監督はコメントし、上位勢と争うためにはミスを減らす必要があると主張した。 「我々は相手を難しくすることができるから、ミスを少なくできればもっと多くの、多くの試合で勝てるはずと私は確信している。しかし、継続することも、阻止することもすべて我々次第だ。このようなビッグゲームで勝てるチャンスがあり、選手たちは良くトライしていたから、このような結果になって残念だ」

【関連記事】

最終更新:
GOAL