Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

250cc直4ヒストリープレイバック・ホンダ後編【RRの歴史はここから始まった】

配信

WEBヤングマシン

クォーター4気筒グレートヒーローズ

カワサキ Ninja ZX-25Rの登場により久しぶりに復活する、250cc直4マシンの歴史を振り返る。スズキが先行しヤマハが追撃する流れの中で、いよいよホンダがCBR250FOURにて登場。カムギアトレーン×アルミフレームといったハイメカを惜しみなく投入し、ライバルに対抗した。その後、フルカウルのCBR250R→CBR250RRへと道が切り拓かれていった。

CBR250RRシリーズ:ホンダの「RR」はここから始まった

【’90 CBR250RR:渾身作「RR」のMC22が登場】 250レプリカが4スト2スト問わず絶頂期に到達しようとしていた’90に、CBRはフルチェンジしてついに「CBR250RR」へと進化。エンジンはさらなる高回転化に成功し、レッドゾーンは1万9000rpmまでアップ。メーターはカワサキZXR250と並ぶ市販車最高のフルスケール2万1000rpmまで用意された。車体もLCGフレームと呼ばれる最新構造のものにガルアームを組み合わせて、スポーツ性能を追求。もちろんフロントブレーキは再びダブルディスクとなっており、栄華を築くこととなった。

〈【’90 HONDA CBR250RR】■水冷並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/15000rpm 2.5kg-m/12000rpm 142kg(乾燥) ■タイヤF=110/70R17 R=140/60R17 ●当時価格:59万9000円 ※諸元&価格は’90〉

〈カウルはスラント化が進み流麗な出で立ちに。ヘッドライト両脇にあった横長のエアダクトは縦長となり、やや下に下げられるデザインとなった。ダブルディスクも誇らしい〉

〈「Rを超えたR」。ホンダが車名に「RR」を冠したのは、CBR250RRが最初だった。カウル各所には誇らしげに「RR」の文字が踊っていた〉

〈エンジンは低中速域のレスポンスを向上しつつ、レッドゾーンも+1000rpm化。「2万rpm以上回るエンジン」ともてはやされた〉

【関連記事】