Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ大不況に備えた節約&現金キープのために注意すべき「ソンする落とし穴」

配信

週刊女性PRIME

「生活費はまとめて引き出す」の落とし穴

 食費などの生活費の月6万円を、どうやって引き出していますか。給料日直後に6万円を引き出すと、気が大きくなりプチ贅沢してしまいがち。曜日や時間を考えずに引き出すと、手数料1回220円で5回下ろせば1100円とバカにならない。 「例えば給料日が25日なら、5のつく日に2万円ずつ平日の日中に引き出す。6万円で1か月生活するよりも、2万円で10日間生活するほうが、計画的に使えるはずです」

「半額セールだからまとめ買いしておく」の落とし穴

 半額セールで気をつけたいのが、消費期限が迫っている肉や魚が結構あること。たくさん買い込んで、食べきれないということも。そもそもスーパーが値引きする時間は、空腹になる時間と重なっていて、ブレーキがきかなくなってしまうのだ。 「飴を口に放り込むと空腹感がおさまり半額セールでも理性的に買い物ができますよ」

「ちょっと帰りにコンビニへ」無意識消費の落とし穴

 私たちの生活に欠かせないコンビニに関する調査で、コンビニを週に2~3回利用するという人は約23%、4~6回が約16%、毎日利用する人は6%、つまり半数近くが頻繁にコンビニを利用しているということだ。1回の利用額は300~500円未満で、次いで500~1000円以上。なんとなくコンビニに行き、週に2500円を支払うと、月に1万円、年間で12万円以上が無意識に消費されていることに。「そのお金を節約すれば、かなり高価なものが買えるはずですよね」

「雨になったらビニール傘を買えばいい」の落とし穴

 ある年の日本気象協会の調査では、急な天候の変化で、傘を買ったりタクシーに乗ったりして、4人に1人が予定外の出費をして、平均の出費額は7478円だったそうだ。今の天気予報はかなり高い確率で当たるし、ピンポイントで天気を知ることができる。天気予報をしっかり確認して無駄な出費は避けること。

「ガソリン代が安いから遠くのスタンドへ」の落とし穴

 車を運転する人なら、こんな算数をしてみましょう。  近くに1L130円のガソリンスタンドがあるけれど、片道5キロの安いスタンドまで1Lで10キロ走る車で行くとします。これはおトク? 実は、そのスタンドでガソリンを入れた場合、130円以上おトクでないと給油に行く意味はないことに。 「大切なのは、安いガソリンスタンドに行って、トクするか、トントンか、ソンかを考える力を持つこと」

【関連記事】