Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パナソニックがペットの活動量や体重、飼育する環境の温度・湿度などを測定できる小動物ヘルスケアデバイスの作り方を公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
@DIME

パナソニックFUTURE LIFE FACTORYは、「大切な人に届けたいモノづくり」を応援するD+IO(ドゥーイングアイオー)プロジェクトの第2弾として、ペットの活動量や体重、飼育する環境の温度・湿度などが測定できる「小動物ヘルスケアデバイス」のレシピを、公式サイトにて公開。 また、実際に制作したデバイスは、10月3日(土)、4日(日)東京ビッグサイトにて開催される、日本最大級のものづくりの祭典「Maker Faire Tokyo 2020」スポンサーブースで初公開する。 ※イメージやグラフなどの画像が削除されていない元記事は「@DIME」にてご覧になれます。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、自宅で過ごす時間が長くなったことによりペットを飼う人が増え、なかでも、ハムスターや小鳥などの小動物は飼育しやすいことから人気を集めている。しかし、犬や猫用に比べ、小動物用のヘルスケア製品は市場に多く出回っていないのが現状で、ハムスターにおいては、夜行性で日中は寝ていることが多く、病気にかかっていたとしても症状が早期に見つかりにくく、また、室温や湿度の変化が健康に影響を与えてしまうという課題があるという。 そこで、こうした課題を解消すべく、パナソニック FUTURE LIFE FACTORYはD+IOプロジェクトの一環として小動物の体重や活動量、飼育環境の温度や湿度などを計測して健康管理ができる「小動物ヘルスケアデバイス」のレシピを考案し公開することにしたとのこと。 このヘルスケアデバイスでは、小動物の健康状態や飼育環境を可視化し、健康管理を行うことで病気の早期発見を促進。同社では、愛情を持って接する大切な小動物に、ヘルスケアデバイスを実際に使っているシーンを想像しながら、モノづくりを通じて、今の困難な状況を乗り越えるための一助になればと考えているとしている。 ■「Maker Faire Tokyo 2020」 2020年10月3日(土)、4日(日)東京ビッグサイトにて開催されるものづくりの祭典「Maker Faire Tokyo 2020」にパナソニックFUTURE LIFE FACTORYは、“D+IOプロジェクト”でスポンサーブースに出展。本展示では、D+IOプロジェクトのコンセプトと、「小動物ヘルスケアデバイス」はじめ、そのレシピの一例を提示する。 【開催期間】 10月3日(土)12:00~17:00、10月4日(日)10:00~16:00 ※入場は終了の30分前まで 【会場】 東京ビッグサイト(西4ホール)東京都江東区有明3-11-1 【入場料】前売り:大人1,000円、18歳以下500円(いずれも税込) 【URL】 https://makezine.jp/event/mft2020/ 関連情報 https://panasonic.co.jp/design/flf/works/doing_io/ 構成/立原尚子

@DIME

【関連記事】