Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ヘーネス」の名を背負うホッフェンハイムの新米監督【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

24回のリーグ制覇に導いた〝最高のサッカー経営者〟

「ヘーネス」の名を背負うホッフェンハイムの新米監督【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

バイエルンⅡを史上初の3部リーグ優勝に導いたセバスティアン。新シーズンはホッフェンハイムで初めてトップチームを指揮する。(C) Getty Images

 ドイツ・サッカー界に燦然と名を残す偉大な叔父と父を持つセバスティアン・へーネスが、ホッフェンハイムの新監督に就任した。国内中から好奇の視線に晒されるなか、この新米監督はどんな手腕を見せるのだろうか。(文:ルドガー・シュルツェ/訳:安藤正純 2020年8月20日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載) ―――◆―――◆―――    ドイツ・サッカー界において、「ヘーネス」という名前は特別な響きを持つ。言うまでもなく、〝ウリ〞へーネスの影響だ。1970年に18歳でプロデビューを飾ったウリは、1972年に西ドイツ代表に初選出。20歳でEURO1972を、22歳で1974年ワールドカップ(W杯)を制覇した。クラブレベルでも1970~1978年に在籍したバイエルン・ミュンヘンで、チャンピオンズ・カップ(現在のCL)とブンデスリーガをいずれも3度ずつ獲

本文:5,022文字

写真:2
  • 約50年に渡ってドイツ・サッカー界に多大な功績を残してきたへーネス兄弟。2人とも歯に衣着せぬ発言で頻繁にメディアを賑わせた。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます