Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「食べないときはどうしたって食べません」子育ての“呪縛”解く雑誌企画が集めた共感「声出して笑った」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

わが子が、ちゃんとご飯を食べてくれない……。多くの親御さんが直面し、途方に暮れてしまいがちな課題です。悩める子育て世代の間で、話題を呼んだ雑誌企画があります。「ダメなときは、何をしたってダメ」。そんなメッセージを打ち出し、肩の力を抜くよう促す内容がツイッター上で広く知られ、「救われた」との声があふれているのです。逆転の発想を生み出した編集担当者に、思いを聞きました。(withnews編集部・神戸郁人) 【画像特集】わかりみが深すぎる!「食べないわが子」に悩む全ての親御さん必読の“育児書”

子どもの「食」ユーモラスに解説

今年9月、「世界一役に立たない相談室」と題された、親子のイラスト付き文章の話題がツイッター上を駆け巡りました。このうち「子どものごはん乗り切りQ&A」というコーナーは、次のような内容です。 Q.小食で全然食べてくれません……。 A.お腹が空いていない時間に食事をしているのかもしれません。 たくさん運動させて規則正しい生活を。おやつの時間が食事の時間と近くないか、食べさせすぎていないかチェックを。お腹がすけば子どもは自然と“食べません”! Q.偏食がひどく同じメニューが続きます。 A.好きなものに違う食材を足してみて。 同じ食材でも調理法を変えてみたり、同じ味でも入れる食材を足したりと工夫してみましょう。たまには違う味も“食べません”! 「食べないときはどうしたって食べません」「何か食べてれば大丈夫!」。子どもの食を巡る様々なお悩みに、実践的なアドバイスをしつつも、そんな一言で締める。「ダメなものはダメなのだ」と、良い意味で脱力し、吹っ切れてしまいそうになります。

「ほこり」だって立派なインテリアに

更に、「小さい子がいてもOK! 映える部屋づくりテク5」と題されたイラストも話題に。おもちゃで散らかり、洗濯物が出しっぱなしのまま。雑然とした部屋で、笑顔で壁に落書きをする子どもと、ゆっくり本を読む母親の姿が描かれています。 そして、過ごしやすい部屋をつくる上で大切な、五つのポイントについて紹介。「ほこり 目立たないように飾るのがアクセント」「大量のおもちゃ 大胆に散らかすとGood」。一見して、思わず面食らうような、何とも味のあるフレーズが並んでいるのです。 「声出して笑った」「育児の真実を言い当ててくれている」。ツイッター上には、現役の子育て世代とみられる人々の、好意的なコメントがあふれました。

【関連記事】