Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

田部、記念すべき一歩は「3安打1打点」の猛打賞

配信

カナロコ by 神奈川新聞

 横浜DeNAの田部隼人内野手(18)が24日のイースタン・西武戦で〝プロ初安打〟を含む3安打1打点の活躍。185センチの大型ショートストップが記念すべき一歩を踏み出した。  待望の一打が飛び出したのは四回だった。1点を先制し、なお2死三塁の好機で西武・佐野泰雄の144キロの外角ストレートを逆らわずに右前へ運んだ。初安打で初打点をマークすると、続く3打席目も同じように外角球を右前打に。さらに八回には中前打を放ち、ベンチも高卒ルーキーの猛打賞に沸いていた。  島根・開星高からドラフト5位で入団。米大リーグ・レイズに移籍した筒香が新人時代に背負った背番号「55」を継承し、球団幹部はポテンシャルの高さを評価している。  田部自身は西武の源田壮亮を尊敬し、プレー映像を参考にしながら磨いた柔らかなハンドリングも魅力の一つだ。ドラフト1位の森敬斗について「誰か一人を選ぶならライバルは森」という負けん気の強さも、成長をより加速させている。

神奈川新聞社

【関連記事】