Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小倉優子の第3子出産に夫は無言、ママタレ復帰で背負う“木下優樹菜の穴埋め”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 7月27日、小倉優子がSNSで第3子となる男児の出産を報告。おめでたいことだが、その文面には少し違和感が。 【写真】足に無数の“結束バンド”衣装をつけて熱唱する小倉優子 《出産を支えてくれた主人に(略)心から感謝の気持ちでいっぱいになりました!!》  たしか、夫とは別居していたはずでは……? 「小倉さんは歯科医師のA氏と2018年12月に再婚。夫婦仲はいいと思われていましたが、2020年3月に年末から別居していたことが判明。小倉さんは《夫を支える妻として至らない点がありました》とSNSで説明していました」(スポーツ紙記者)  原因については、双方で異なる見方が報じられている。 「A氏が小倉さんに引退するよう迫り、勝手に別居を始めたという話もあれば、小倉さんがA氏を罵倒したことが引き金になったという報道も。ただ、A氏の離婚意思が固いことは間違いないでしょう」(同・スポーツ紙記者)  関係が悪化しているのに、“支えてくれた”と書いているのは不自然に思えてしまう。 「SNSの出産報告には5000件以上のコメントが寄せられましたが、ほぼすべてが小倉さん寄り。別居の理由が夫婦で食い違っているのに、一方的なコメントばかりなのは、何らかの情報操作がされているのでは? と疑ってしまいますね」(ワイドショー関係者)  本当に関係修復は進んでいるのだろうか。

第3子の誕生に夫は何を思う

 小倉が出産を報告した3日後、都内でA氏を直撃した。 ─お子さんが、無事にお生まれになりましたね。 「…………」 ─出産には立ち会われたんですよね? 「…………」  終始無言で車に乗り込むと、軽く会釈をして去っていった。  夫の意向はともかくとして、小倉は復帰へと向かっているようだ。

「所属事務所は、小倉さんを来年の春ごろには復帰させる方向で動いているようです。コロナ禍で事務所全体の売り上げが減っているうえに、看板タレントだった木下優樹菜さんが引退。小倉さんに働いてもらわないと、経営的にも苦しいみたいですよ」(芸能プロ関係者)

【関連記事】