Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『アベンジャーズ』ルッソ兄弟、新作『Cherry』でのトム・ホランドの演技を「オスカー級」と絶賛!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』(14)から『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)までのマーベル作品を手掛け、史上最大の映画監督として知られるようになったジョー・ルッソとアンソニー・ルッソが、現在製作中の映画『Cherry』にて主演を務めるトム・ホランドの演技を「オスカー級」と絶賛。「ComicBook.com」にて語った。 【写真を見る】ルッソ兄弟の作品でアベンジャーズがふたたび集結!? 『Cherry』は、2011年に銀行強盗で逮捕されて現在も服役中のニコ・ウォーカーが自らの体験を基に、獄中で執筆した物語。トムが薬物依存の帰還兵を演じることで話題になった。 トムについて「オスカーにふさわしい演技だと思う」と語ったルッソ監督。「トムの演技は本当にすばらしい、衝撃を受けます。感情面でも肉体面でも、彼は信じられないことをした。このように役を演じる俳優を見るのは久しぶりです。この映画は10年にわたる、すばらしいパフォーマンスが詰まっています。アカデミー賞の話題になることを期待しています」。 『Cherry』は、ルッソ兄弟が自身の制作会社AGBOで手掛けるタイトルの一つでもある。AGBOにはこれまでマーベル作品を執筆してきた脚本家コンビ、クリストファー・マーカス、スティーブン・マクフィーリーもストーリー部門を統括する重役として参加している。AGBOは高い目標を掲げており、そのなかではロバート・ダウニーJr.やクリス・エヴァンス、ヘムズワースなど、ほかのアベンジャーズのキャストが参加する可能性もある。 「アンソニーと私が監督をするための主力コンテンツを開発するのが我々の使命であり、それが会社の焦点です」とルッソは説明する。「オバマ元大統領とのプロジェクトもありますし、トム・ブレイディのスポーツドキュメントもあります。魅力的で創造性に富んだ人々と仕事をしたいと思っていますし、同時に『次の映画はなにを作るか』ということに集中しているんです」 『Cherry』はほぼ完成しており、近日中にファーストルックが公開される予定。2020年の劇場公開を目指しているが、現在劇場が閉鎖されているため、配給については不確定要素も多いようだ。(Movie Walker・文/編集部)

【関連記事】