Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンビニ・デパートも…レジ袋有料化スタート、外食産業はバイオマスで無料多く

配信

読売新聞オンライン

 レジ袋の有料化が1日、コンビニやスーパーなど全国の小売店でスタートした。  持ち手のあるプラスチック製の買い物袋は原則、有料化が義務づけられる。生活用品店、衣料品店、家具店、玩具店など、あらゆる小売り事業者に影響は及ぶ。  レジ袋の料金は店側が決めるが、スーパーで総菜や生鮮食品を入れるための持ち手のない袋や、紙袋、布袋、植物由来のバイオマス素材の配合率が25%以上の袋などは対象外で、引き続き客に無料提供できる。  大部分のコンビニで一斉に有料化されるほか、デパートやホームセンターなどでも1枚数円程度で販売する。ただ、外食産業では衛生面に配慮し、バイオマス素材の袋にして無料で提供する店も多い。  有料化の背景にあるのは、プラスチックごみ(廃プラ)による世界的な海洋汚染だ。国民生活に身近なレジ袋の削減を図り、環境問題の改善に向けて社会的な機運を高める狙いがある。

【関連記事】