Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米中激突の危機高まる南シナ海、カギを握る台湾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

能勢 伸之

南シナ海における米国と中国の角逐が激しくなってきた。中国の南シナ海の違法な権益主張に対して米国は「自由航行作戦」、空母打撃群訓練を展開、2020年8月には中国が弾道ミサイルを4発発射し、あからさまな挑発行動に出てきた。今や「ホットスポット」と化してきた南シナ海の対立の背景には何があるのか。

中国の意志を表明したミサイル発射

南シナ海における自国の「権益」への米国の挑戦に対しては絶対に引かない、という中国の強い「意志」を表明したものと受け止められているのが2020年8月26日、中国軍が南シナ海に向けて4発の弾道ミサイルを発射した一件だ。 中国の「挑発」に対して米国防省は翌27日、「南シナ海の紛争地域で軍事演習を実施することは、緊張緩和や安定維持に対して逆効果だ。中国の行動は南シナ海を軍事化しないという公約とは対照的」と声明で非難。9月9日には、ポンペオ国務長官も、南シナ海を巡る中国の権益主張を「違法だ」と改めて主張した。また、9月17日に米国務省次官が台湾を訪問すると、18~19日に台湾海峡の中間線を越え、中国軍の爆撃機や戦闘機、哨戒機の延べ35機が台湾の防空識別圏に侵入した。 米中対立がエスカレートし、両国の軍事的さや当てが続けば、偶発的な衝突も否定できない。なぜ南シナ海が「ホットスポット」になっているのか。それは南シナ海を中国が掌握するか否か、に米国の「本土防衛」がかかっているという逼迫した状態になってきているからだ。詳しくは後述するが、まずは今回の中国のミサイル発射について検証してみる。 中国はどんなミサイルをどのように発射したのか。中国「人民日報」系の英字紙「Global Times」(2020/8/27付)によれば、「DF-26Bは北西部の青海省から発射され、もう1つのDF-21Dは東部の浙江省から発射され、両者は海南省とパラセル諸島の間の海域に着弾。消息筋は、ミサイル発射は中国が紛争地域である南シナ海への(他国の)アクセスを拒否する能力を改善することを目的としたと述べた」と報じた。

【関連記事】