Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【宝塚】結婚したい男役キャラ3選|ヅカオタ編集Mがアツく語る(5)|CLASSY.

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
magacol

こんな人と結婚したい!理想の男役キャラクター3選

少しずつエンタメ業界も活気を取り戻しつつある今日この頃。『宝塚歌劇』もその影響を受けつつ、先日とうとう公演が再開されました。 【動画あり】初心者でも楽しめる宝塚DVD4選

この機会に宝塚デビューしたい!というCLASSY.読者の方に、ヅカファン歴20年の編集Mが「結婚相手として最高なのでは」と思う3人のキャラクターを独断と偏見により選出しました。婚活中の方はぜひ参考にしてみてください。

(1)『霧深きエルベのほとり』(2019年星組)のフロリアン・ザイデル【演:礼 真琴さん】

結婚したい男性像ってなんだろう?とそもそも論を考えたところ、【(1)包容力】【(2)経済力】【(3)安定感】の3つがある男性なのでは、という持論に辿り着きました。その視点から考えた「結婚したい男性キャラ」としてオススメする一人目がこちら。作品は劇作家・菊田一夫氏が宝塚歌劇のために書き下ろした名作です。その中で当時の二番手男役スター・礼真琴さんが演じたフロリアンは、公演当初「できた人間すぎて怖い」とまで言われるほど、非の打ち所がない人物でした。 【簡単なあらすじ紹介】 主人公の船乗り・カールは年に1度のビア祭りのため、故郷ハンブルクに帰ってくる。祭りの興奮と熱気の中で、カールはマルギットという一人の令嬢と出会う。彼女は「自由になりたくて」家出してきたと言う。二人は互いに惹かれ、湖畔のホテルで一夜を共にする。翌朝、カールはマルギットにプロポーズし、幸せな時間を過ごすが、実はマルギットはハンブルクでも指折りの名家の娘で、フロリアンという婚約者がいた。連れ戻しに来た家族にマルギットは「カールと結婚できなければここで死ぬ」と主張し、やむを得ずマルギットの屋敷で二人の婚約が発表されることになるが…。 【結婚したいポイント】 先ほどあげた「結婚したい男性」3つの条件のうち、まさにすべてを兼ねそなえているのがフロリアンだと思います。いいところのお坊ちゃんで、優しくて、賢くて、誠実。彼は幼馴染である婚約者のマルギットをずっと好きでいますが、彼女は突然現れた船乗りと恋に落ち、結婚するとまで言いだしてしまう。普通ならそこで男同士のバトルに発展しそうですが、そうならないのがこの作品の深いところ。フロリアンは賢いために彼女の気持ちが自分にないことを以前からわかっており、バトルどころかカールとの結婚を承諾し、祝福してあげようとします。さらにマルギットの父親がカールとの結婚を反対した際には二人を擁護してあげる。挙句、物語のラストでは、姿を消したカールを、マルギットと一緒に必死で探してあげます。もう宝塚イチの出木杉くんと呼びたい。あまりに完璧なので「フロリアンはサイコパスなのではないか」と一部のファンをざわつかせていましたが、カールと対峙するフロリアンの目にうっすら涙が浮かんだり、ラストで去り行くカールの名前を誰よりも大声で叫んだりと、賢さと優しさのために自分の本心を上手に隠してしまうフロリアンという人物像が、リアルに舞台の上に息づいていました。公演中、フロリアンが可哀想すぎて、「私が幸せにしてあげたい…」と三日間くらい彼のために泣いていた友人もいました。

【関連記事】

最終更新:
magacol