Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソーシャル・ディスタンス大規模ライブイベント【THE BONDS 2020】開催

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Billboard JAPAN

 2020年8月1日、2日に大阪城ホールにてライブイベント【THE BONDS 2020】が開催された。 その他の画像  【THE BONDS】(=絆の意)は、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期となった、大阪・舞洲にて行われる大型野外フェス【ジャイガ】のスピンオフイベントで、今だからこそ生のライブを届けたい、感じてもらいたい、という想いから開催が実現した。  国のガイドラインに基づき、電子チケットの採用による接触が極力抑えられた入場、マスクの着用や入口での検温に加え、大阪府の追跡システムへの登録及びCOCOAアプリのインストール、1時間に3~4回周期の換気が施され、場内は随時スタッフによる消毒が行われた。アリーナ席は1人1人のソーシャル・ディスタンスが保たれた立ち位置指定のマスエリアを配置し、スタンド席は左右に1席以上のスペースを確保するなど、徹底した感染防止対策が実践され、2日間で約6,000人を動員。緊急事態宣言以降、観客を入れたアリーナ規模のライブとしては全国初の開催となった。  まずは初日のオープニングアクトに抜擢された優里が、大阪城ホールの大きなステージにアコースティックギター1本で果敢に挑み、色気漂うスモーキーな歌声で見る者を虜に。「ずっとストリートライブをやってて、大阪城ホールに立てるなんて夢にも思ってませんでした」という言葉に耳を疑うほど堂々としたパフォーマンスを見せ、FM802のDJ 中島ヒロトと、【THE BONDS】のプロデューサーであるキョードー大阪・川上慎介氏による開会宣言では、「このイベントが成功すれば、必ず次につながっていく」(中島)という想いをオーディエンスと共有。その熱いバトンを受けてトップバッターを務めたのが、神戸出身のロックバンドKNOCK OUT MONKEYだ。「ライブが帰ってきたぞー!」(Vo&G・w-shun、以下同)との言葉を受け、次々と拳を突き上げジャンプする観客を見て、w-shunも嬉しそうに微笑む。「ここで俺らが伝説を作れたら、もっと音楽が活気づくと思う。心の濃厚接触をありがとう!」と、その音のみならず言葉でも終始オーディエンスをフックアップし続けたタフなステージだった。愛媛発の男女ツインボーカルバンドLONGMANは、「人がいるってめっちゃいいですね! 今日は音楽が未来につながる日になればいいなと思ってます。しっかり楽しんで、みんなで笑って帰りましょう!」(G&Vo・HIROYA HIRAI)と人前で音を鳴らせる充実感を噛みしめ、人懐っこい歌声をフレッシュなメロディックパンクに乗せ疾走。  来年の【ジャイガ】での再会をオーディエンスと共に願いながら一気にたたみかけ、リハの段階から度肝抜く演奏&歌唱で会場をざわつかせたフロム名古屋のSuspended 4thは、いきなり長尺のドラムソロをぶちかましたかと思えば、バキバキの高速スラップベースにエッジィなギターのカッティングがなだれ込む圧巻のオープニング。「大阪城ホールでも遊べるようなバンドでよかったです」とのKazuki Washiyama(G&Vo)の言葉通り、ストリートだろうがライブハウスだろうがアリーナだろうが己の音をかき鳴らすひたすらクールなパフォーマンスの連続で、僅か3曲で完全にオーディエンスを撃ち抜いた。  11か月ぶりのライブながら、しょっぱなから疾走感溢れるナンバーを連発してみせたのがDizzy Sunfistだ。「リハの段階で号泣してしまった」(Vo&G・あやぺた、以下同)と久しぶりのライブに感無量の表情を浮かべつつ、「生きていくためにはライブが必要なんやってホンマに思いました。生きて生きて生きてまたライブハウスで会おうな。夢は死なへん!!」と最後まで音楽へのピュアな情熱を燃やした。  続くtricotは、変拍子やリフにもジャストでシンクロする照明と共にダークでアートな世界観を構築。この日は空きっ腹に酒/他のシンディ(Ba)をサポートに迎え、正確無比にストップ&ゴーを繰り返すような壮絶なビート上を浮遊する歌声とメロディで、tricotの神髄をこれでもかとオーディエンスに突き付けた。  Hi-STANDARDの難波章浩(Vo&Ba)率いるNAMBA69は、オープニングのSEを遮り、「久しぶりに会えて嬉しいよ。楽しみにしてくれたみんな、やろうぜ!」(難波、以下同)とコロナ禍に惑いながらも今日という場を選んだ想いの丈を切々と伝えていく。そんな魂の言葉にオーディエンスが応えないわけがない。0曲目ですでに絆が生まれた大阪城ホールに、無敵のメロディックパンクが幾度となく響きわたる! 新ドラマーMORO(ex. Shiggy Jr.)を迎えた渾身の新体制初ステージを、大阪の地にしかと刻み付けた。  初日のトリを飾ったMY FIRST STORYは、ド頭からラウドなバンドサウンドで圧倒! と同時に、久々にライブができる喜びに思わず笑みがこぼれるメンバー。だが、それはオーディエンスとて同じで、飛沫感染防止のため大きな声は出せなくとも、会場の至るところから伸びるその手が気持ちを代弁しているかのよう。1曲でも多く、1秒でも長く、この幸福が続くようにと言わんばかりに歌い継いでいくマイファス。「音楽は不要不急のものじゃない、絶対に必要なものなんだ!」(Vo・Hiro)と最後の最後まで音楽の力を信じ続け、記念すべき1日を締めくくった。  2日目は、2019年大躍進を遂げたロックバンドNovelbrightが、バックヤードから気合いのひと声が漏れ聞こえるほどの高揚感を胸に、幕開けを飾る。「半年ぶりのお客さんを入れたライブで気持ちが高ぶってます。幸せです、本当にありがとうございます!」(Vo・竹中雄大、以下同)と想いを伝え、地元大阪での初の夏フェス出演を存分に堪能。「今日は生きてる実感がある!」と語るのも納得の濃密なライブで魅せ、YouTubeのマッシュアップ動画から爆発的に火が点いたACE COLLECTIONは、高い演奏力×歌唱力をフルドライブさせたロックナンバーで大阪城ホールを引き込む。「逆境がいつかドラマチックに変わって、未来を彩る1つの素材になる。今を変えていけると思う」というたつや◎(Vo&G)の頼もしい言葉といい、ポップソングとしての楽曲のクオリティといい、その真価と可能性を見事に証明してみせたエースだった。  作詞作曲アレンジはもとより、アートワークや映像のプロデュースまで手掛ける20歳のマルチアーティストVaundyは、「初のバンドでのライブがここでできてよかったです」と語った貴重な関西でのパフォーマンスに。バンドを従えた強烈にグルーヴィーなサウンド、広大なアリーナでも全く見劣りしないボーカル力と、話題を集める理由が一目瞭然のライブで、ネクストブレイクを確信させる存在感を見せつけた。  ゆったりとしたビートを背負ってステージに現れた新世代のラッパーRin音は、シームレスに言葉を紡ぎながらもしっかり情景が浮かぶリリックを聴かせていく。MCでは会場までの移動中に起きた思わぬアクシデントの話で和ませ、大阪の女性シンガーソングライターasmiとのフィーチャリングもお披露目と、多岐にわたる魅力を凝縮したライブとなった。  「声援は盛大な拍手と動きでお願いします!」(Vo&G・平部雅洋、以下同)と、大声を出せないオーディエンスを巧みに導きつつ、大阪城ホールの大舞台にも物怖じしないステージ度胸でソリッドなバンドサウンドを鳴らしたのは reGretGirlだ。 「僕らもみんなと同じ不安があるからこそ、みんなに寄り添うことはできると思います」と素直な気持ちを吐露した誠実なライブは、胸を打つに十分な説得力を持っていた。  そして、凄腕のミュージシャンたちに支えられ、しなやかに自由に歌声を踊らせた向井太一は、アリーナからスタンドまでが手を振る絶景を創出。「心の中で声をください!」と静かな衝動を引っ張り出すような躍動感溢れるパフォーマンスには、盛大な拍手を送らずにはいられない。音楽がもたらす贅沢な瞬間を何度も思い出させるような全7曲だった。  気負うことなく、そして、誰も気負わせることなく、音楽を楽しむ。そんな場を提供するようなサイダーガールのライブは、大阪城ホールのスケールでもそのセオリーを遵守。「今日この感じを見て、これも1つのライブの楽しみ方としてアリなんじゃないかと思いました。でも、ライブハウスで一緒に遊ぶのも楽しいわけで。早く前のような日々に戻っていけたらいいなと思います」(Vo&G・Yurin)。性急なビートとポップなメロディに願いを込めて。真骨頂の炭酸系サウンドが、真夏日の大阪で高らかに鳴り響いた。  後に控えるベリーグッドマンもまた、リハから本番さながらの爽快感溢れるサウンドで準備万端。「感染予防対策でコール&レスポンスが禁止されている。でも、俺たちには武器がある!」(MOCA)と、あの「幸せなら手をたたこう」をもじってフェイントを入れまくりながらクラップを誘導(笑)。さすがのライブ巧者ぶりにすっかりご機嫌のオーディエンスを巻き込み、途切れぬハーモニーとユーモアで持ち時間ギリギリまで盛り上げ、トリとなるビッケブランカへ最高のリレーを成し遂げたベリーグッドマンだった。  そして、濃厚な2日間を締めくくるビッケブランカは『THE BONDS 2020 Special Live』を敢行! 強力なバンドセットから放たれる極太サウンドに身を委ね、ラフに軽やかに歌い上げる姿は、大トリのプレッシャーなど微塵も感じさせない独壇場。初披露となった新曲「ミラージュ」では楽曲に深く入り込み、歌い終えて半ば放心状態になるほどの気迫にグッと胸を掴まれる。一転、アッパーなライブアンセム「Ca Va?」ではとことんブチ上げ、いつの間にか謎のゆるキャラたちがステージで踊りまくるハッピーなカオス状態に(笑)。さらにラストの「ウララ」では、大阪プロレス勢やボンズの運営スタッフ達も加わり、ライブは大団円へ! 久しぶりの生のライブにアーティストもオーディエンスも興奮冷めやらぬままの2日間が、こうして幕を閉じた。  なお、【THE BONDS 2020】出演者の中から、KNOCK OUT MONKEY、Suspended 4th、reGretGirl、向井太一、ベリーグッドマン、ビッケブランカの6組の見逃し配信が、8月7日23:59まで実施される。延期となった【OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2020 -ジャイガ-】は2021年7月31日、8月1日に開催予定だ。 Text by 奥“ボウイ”昌史 Photos by 日吉“JP”純平、松本いづみ ◎配信情報 【THE BONDS 2020】見逃し配信 配信期間: 2020年8月3日(月)17:00~7日(金)23:59まで チケット発売期間:8月6日(木)23:59まで チケット:OneArtist チケット500円(tax out)、8/1-8/2 2Days チケット2,000円(tax out) ※配信は一部アーティストのみ ◎公演情報 OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL 2020 -ジャイガスピンオフイベント【THE BONDS 2020】 日時:8月1日(土)・2日(日)12:00 開演(10:00開場) 会場:大阪城ホール 8月1日出演者:Suspended 4th / Dizzy Sunfist / tricot / NAMBA69 / KNOCK OUT MONKEY / MY FIRST STORY / マキシマム ザ ホルモン / LONGMAN / 優里(OpeningAct) 8月2日出演者:ACE COLLECTION / サイダーガール / ベリーグッドマン / ビッケブランカ / Novelbright / Vaundy / 向井太一 / reGretGirl / Rin音

【関連記事】