Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リアーナも実践! “ホワイト・アイライン”で目もとに抜け感をプラス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

これまでアイライナーといえばブラックやブラウンなどのダークトーンが主流だったけれど、今年の夏はホワイトがイチオシ! 爽やかなホワイトライナーでサッと目もとを囲えば、蒸し暑い日々も涼しげにサバイブできるはず。セレブ御用達のメイクアップアーティストであるクリスタベル・ドラフィンは、「ホワイトアイラインは肌色を明るくみせる効果があり、特に日焼けした小麦肌に映えます。ブラックライナーよりもナチュラルに肌になじむので、必ずしも左右対称でキレイに描けなくてもOK! けれど、目もとを強調する効果はダークトーンのアイラインよりも弱くなるので、まつ毛にはしっかりとマスカラを塗って目力をアップさせましょう」とアドバイス。ひと足先にホワイトアイラインを実践中のセレブを参考に、夏が似合うフレッシュなメイクを習得して! 出典:GLAMOUR UK

リアーナ

この日のリアーナのメイクはホワイトアイラインが主役。目尻にのみ、やや跳ね上げた太めラインを描くだけでインパクトのある目もとに。アイラインのほかはカラーレスなメイクでそろえることで、ホワイトライナーに視線が集中!

マーゴット・ロビー

彼女を担当するヘアメイクアップアーティストのパティ・デュブロフがこちらのルックを解説。「60年代っぽいレトロなヘアを、アイメイクでフューチャリスティックに味付け。トープ色のコントゥアリングをアイホールに塗ったあと、ホワイトのアイラインで二重幅を埋めてアイシャドウ代わりに。トープ色とのコントラスト効果で、ホワイトの色味がよりクリアに見えるんですよ」

ジャネール・モネイ

クレオパトラを彷彿とさせるアイライン使いでインパクトたっぷりに仕上げたジャネール。目頭から眉尻までキャットアイ風のフォルムを大胆に描いて。仕上げに、ピンクのラメシャドウ&パープルのカラーマスカラで絶妙な抜け感をプラス。

ソフィー・ターナー

ソフィーは上まぶたのまつ毛のキワに細くラインをペイント。ブラックのマスカラでまつ毛に束感とボリュームをプラスし、目もとを引き締めて。スポーティなポニーテールと合わせることで凛とした雰囲気に。

【関連記事】