Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田裕貴が語る俳優としての熱情「誰かの心が元気になるなら全力でやりたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HOMINIS(ホミニス)

山田裕貴が出演する作品が「もっと知りたい!山田裕貴特集」として7月19日(日)にTBSチャンネル1で放送される。 【写真を見る】おうち時間の過ごし方を教えてくれた山田裕貴 同特集のラインアップは、特集を記念して収録されたインタビュー番組「もっと知りたい!山田裕貴」のほか、テレビ初放送となる初主演舞台「宮本武蔵(完全版)」、主演ドラマの「SEDAI WARS」と「ホームルーム」、ドキュメンタリーの「情熱大陸 俳優・山田裕貴」。 今回、山田にインタビューを行い、特集を組まれると知った時の感想やインタビュー番組収録の感想、役者としての思いなどを語ってもらった。 ――ご自身の特集が組まれると知った時の感想は? 「マネージャーさんから『裕貴の特集やるらしいよ』って連絡をもらった時に、『え、え?』っていう感じでした(笑)。すごくうれしかったですし、一方で『そこまでしてもらえる存在になれているのかな』と自分を見直す感覚を覚えました」 ――「もっと知りたい!山田裕貴」の収録はいかがでしたか? 「収録に臨むに当たって、趣味や好きな物、俳優というお仕事についてなどいろんなことを考えたら、1人の人間として全部1つにつながってるんだなと気付いたんです。だから今回の収録では、今まで語ってきたこととは違う、僕を知ってくださっている方も初めて聞く内容が出てくると思うので、そういったところは楽しんでいただけるんじゃないかなって思います!」 ――特集として改めて作品が放送されますが、普段ご自身が出演された作品はご覧になりますか? 「昔はすごく見ていました。多分、(芝居が)心配だったからだと思います。今は、『懐かしいな』『純粋に作品を楽しみたい』という感覚で見返す感じです。自分が演じたものを見るというのは『自分の反省点を見つける』ため。作品というものはたくさんの人に見てもらって、そこから受け取ってもらえることがどれだけあるかということが1番大事なことだと思います」 ――特集で放送される作品の裏話を教えてください。 「ドラマ『ホームルーム』の時は、1人の女子生徒のことが好きで好きでたまらないけど(担任教師であるため)好きって言えないもどかしい思いを抱えている役だったので、毎日ずっとその子のことを思っていて苦しかったです。また、舞台『宮本武蔵(完全版)』では、『え、いや、あの...』という反応のせりふから『いやいやいやいや』の『いや』の回数まで、全て細かく台本に書かれていたので、それをどれだけリアルなところまで持っていけるかというのは難しいところでしたし、それが面白いところでもありました」 ――今回の特集はファンの方にとっては"おうち時間"を充実したものにしてくれると思いますが、山田さんは外出自粛期間をどう過ごされていましたか? 「昔の出演作品を見返してみたり、あとはすごい本を読みました。名優さんたちのインタビューが載っている『役者は一日にしてならず』という本だったり、アドラー心理学を基にした『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』とかすごく面白くて!全てが"インプット"で"リセット"で"整理"でした」 ――外出自粛期間中に俳優として取り組んだことは? 「『もっと自分のことを掘り下げていかないとコントロールもできないし、表現に映しかえる時に自分のことを知らないと他人のことを知るなんてできない』と思って、まずは自分の好きな物を『なんで好きなんだろう?』と客観視してもう1度見直しました。そうしたら、『好きなテーマがいっぱいちりばめられている作品が、自分の趣味として僕の部屋に置かれているんだ』って気付いて、同時に『僕は自分のことを全然知らなかったんだな』って思ったんです。それに気付いてから検証していくと『僕は人が好き』という結論に行き着いて、そう考えると全てがつながるなって。自分の好きなことをやることで、結果自分が見えてくるという不思議な体験をしました(笑)。他人を知るというのは尊敬も思いやりもないといけないし、他人の気持ちが分からない人に演技はできないんだろうなと改めて感じさせてもらえる期間になりました」 ――そういった気付きを踏まえて、エンターテインメントの役割についてはどう考えましたか? 「『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011~2012年)をやらせてもらっている時に、東日本大震災があったんです。その時に子供たちから『ゴーカイジャーが助けてくれるって信じています』という手紙が届いたのですが、『僕たちに何ができるのか』『ヒーローをやっているのに何もできないじゃないか』という思いをデビュー作で痛感させられたんです。今回も新型コロナウイルスという脅威に対し、直接的には何もできない。でも、(エンターテインメントというものは)心に元気がない時に何かをきっと変えられると思うんです。作品を観て『感動して泣いた』とか『げらげら笑った』とか。それがどこまで落ち込んだ心に影響を与えられるかは分からないけど、僕らがそれを信じてやらない限りは『要らない職業』だって言われてもしょうがないと思う。だから僕は、誰かの心が元気になるなら、誰かの心が動かせるなら全力でやりたいと思っています」 ――最後に視聴者にメッセージをお願いします! 「応援してくださる人がいなければ実現しないことなので、こういった特集をやっていただけるのはすごくありがたいです。これからも頑張り続けていきます!僕のことを知らない方はもちろん、知ってくださっている方には新たな僕を知ってもらえたらうれしいなと思います」 文=原田健 撮影=中川容邦 ヘアメイク=小林純子 スタイリスト=森田晃嘉

HOMINIS

【関連記事】