Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注文住宅でつけてよかった設備・省いた設備。家事ストレスが激減

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

人生において最大の買い物ともいえるのが「家」。せっかく購入するのなら自分や家族が暮らしやすい設計や設備にできるといいですよね。 今回、一年前に注文住宅で家を建てたという、節約術や時短家事術を雑誌やSNSで発信する家計改善コンサルタント・アドバイザーの高木瞳さんに「つけてよかった設備、あえて省いた設備」を教えてもらいました。

家事がしやすく、部屋も広々!注文住宅でつけてよかった設備

わが家は一年前に、念願のマイホームを購入。工務店のモデルハウスからある程度の雰囲気を選び、間取りや仕様は自由に決められる「セミオーダー」という方法で建てました。 せっかく自由に設備を決められるのならば、「住み始めてからの家事がラクで、時短できる家にしたい!」と思い、内装を決めていくことに。 まずは、約一年住んでみたなかで「つけてよかった設備」と感じる設備を3つご紹介します。

●<つけてよかった設備その1>洗濯機上パイプハンガー

家を建てようと決めてから、日々の生活で「便利なこと、不便なこと」「自分が家事しやすい動線」を観察し、気づいたことはメモしていました。 そのなかで、洗濯物を干すときに私は「洗濯機から出しながらハンガーにかけたい派」と気づいたので(前の家ではつっぱり棒を活用)、洗濯機の上にパイプハンガーをつけてもらいました。

手を伸ばしてストレスなくけられる位置を計算してもらうことで、おっくうな洗濯物干しがぐっとラクに。 取り込んだあと1階にあるファミリークローゼットにしまう際も、いったんこのパイプにかけて仕分けができるので、とても重宝しています。

●<つけてよかった設備その2>つくりつけ収納

収納に関しては、いろいろなデッドスペースを活用したつくりつけ収納を設置。 デッドスペース以外にも、部屋の面積が少し狭くなりますが、洗面所、子ども部屋、ファミリークローゼットなど、必要と考えた場所には収納を優先し、部屋の広さは二の次と割りきりました。 引っ越してから家具を買うとなると、ぴったりサイズを探すのは大変で費用もかかります。結果的にはしっかりと収納を設けたことにより、雑多なものがそこらじゅうに出しっぱなしになることもなく、実際の面積以上に広々と使えています。

【関連記事】