Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サカのプレミア初弾などで好調ウルブスを下したアーセナルが3連勝!《プレミアリーグ》

配信

超WORLDサッカー!

プレミアリーグ第33節のウォルバーハンプトンvsアーセナルが4日に行われ、0-2でアーセナルが勝利した。 【動画】ブラジルが誇る異色の名DF、ダビド・ルイス チャンピオンズリーグ(CL)出場圏を目指す6位ウルブス(勝ち点52)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏を狙う8位アーセナル(勝ち点46)をホームに迎えた一戦。 リーグ戦8試合無敗中の好調ウルブスは、直近のアストン・ビラ戦からスタメンを1人変更。ジョタに代えてアダマ・トラオレが2トップの一角に起用された。 一方、ミッドウィークに行われたシェフィールド・ユナイテッド戦で快勝したアーセナルは、その試合からスタメンを3人変更。ラカゼット、ネルソン、ベジェリンに代えてブカヨ・サカ、エンケティア、セドリックがスタメンで名を連ねた。 上位追走へ負けられない両者の一戦は、立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる。そんな中、アーセナルは26分にダニ・セバージョスの左CKからチャンス。ドハーティのクリアボールをゴール前で拾ったオーバメヤンがワントラップから右足を振り抜いたが、このシュートはGKパトリシオがセーブした。 さらにアーセナルは、35分にもジャカのパスが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス右に抜け出したエンケティアがダイレクトシュートでゴールを狙ったが、このシュートもGKパトリシオの好セーブに防がれた。 前半も終盤に入り、ゴールレスでハーフタイムを迎えるかと思われたが、43分にスコアを動く。セドリックのサイドチェンジをボックス手前のオーバメヤンが左に展開すると、ティアニーがダイレクトクロスを供給。これは相手DFにディフレクトするも、最後はボックス中央のサカがボレーシュートをゴール右に突き刺し、アーセナルが先制した。 迎えた後半、1点を追うウルブスは55分にデンドンケルを下げてジョタを投入。すると64分、ジョタのスルーパスでボックス右から侵入したアダマ・トラオレに相手GKと一対一のビッグチャンス。飛び出したGKの動きを見極めながらチップキックでゴールを狙ったが、枠に飛ばせない。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、再びスコアを動かしたのはアーセナル。86分、右サイドを持ち上がったジョー・ウィロックの折り返しを供給すると、コーディの背後からニアに飛び出したラカゼットがトラップでマークを振り切りシュート。これがゴール左隅に決まった。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。サカのプレミア初ゴールなどで好調ウルブスを下したアーセナルがリーグ戦3連勝を飾った。

超WORLDサッカー!

【関連記事】