Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「今は勝つことが何よりもの良薬」 オリ今季初の逆転勝ちを元監督・森脇氏が分析

配信

Full-Count

勝負を決めた8回の攻撃、宗の四球、大城の打撃、そして吉田正の逆転2ラン

■オリックス 4-3 西武(4日・メットライフ)  オリックスは4日、メットライフドームで行われた西武戦を4-3で勝利した。吉田正が逆転の2ランを放ちチームは今季初の逆転勝利を収めた。接戦を手にした勝負のポイントは一体どこにあったのか? ダイエー、ソフトバンク、中日でコーチを務め、オリックスでは監督も務めた森脇浩司氏に分析してもらった。 【動画】元オリックス監督・森脇氏も「まさに準備勝ち」と絶賛 吉田正の逆転2ラン  オリックス田嶋は3回まで圧巻の投球を続けたものの4回に2本のタイムリーを許し3点を先取される嫌な展開だった。だが、開幕から続くモヤモヤを吹き飛ばしたのは8回に吉田正が放った逆転2ランだった。一振りで捉えた見事な一発だったがその前の攻撃陣にも森脇氏は注目した。 「西武は勝ちパターンを投入しなかったが(平井、ギャレット共に3連投になる為)、1死から1番の宗がしっかりと四球を選び牽制悪送球で二進。この時点で吉田正に回せる可能性が出た。そして1点差に追いつくタイムリーを放った大城も“違い”を見せていた」  辻監督は大城に対して3-1とバッティングカウントにした時点で嫌な予感を感じ取ったのかもしれない。

「配球云々あるがゲームの中で一番多くのミスがでるのはコントロールミスと打ち損じである」

 大城は第1打席で外角を攻められながら遊ゴロ、4回の第2打席は3球三振。やや引っ張りの傾向が目立ち打席の中での準備に問題があったが、6回の第3打席で外角直球を右翼へ運ぶ二塁打。そして8回はカウントを生かし1点差に詰める価値ある適時打を放った。1点差になったことで一発だけでなくアベレージヒッターでもある吉田の存在がより大きくなった。 「現状を見れば脇のバッターたちも泥臭く、3番以降の打者に回すことが明白。吉田正は先ずは内目の甘めと条件を付け準備していただろう。配球云々あるがゲームの中で一番多くのミスがでるのはコントロールミスと打ち損じである。勝負心に満ちた見事なホームランだった。まさに準備勝ちと言えるだろう」  僅差のゲームをことごとく落としてきたオリックスだがこの日は田嶋が7回まで投げ抜き3失点の粘投を見せ、8回ヒギンス、そして9回は不安定だったディクソンがピンチを背負いながらも無失点で今季初セーブをマーク。勝ちパターンで得た勝利はチーム、そして守護神として任命されたディクソンにも大きなものを意味する。走者を背負うと変化球時に腕の振りが弱くなっているディクソンにも本来の姿に戻ると分析する。 「ディクソンが抑えて勝ったことも大きいが今は勝つことが何よりもの良薬。田嶋は3点を取られたが7回まで投げ抜いたことに大きな意味があった。抑えのディクソンまでつなぐ勝ちパターンはまだはっきりと見えてこないが、先発がしっかりすることで“その部分”が作られてくる」  たかが1勝、たかが1敗……。ここまで3勝10敗1分けと最下位に沈むオリックスだが、この1勝が今後のチームの流れを作るはずだ。

橋本健吾 / Kengo Hashimoto

【関連記事】