Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映像クリエイター向けフルサイズミラーレス一眼「α7S III」、今秋に発売

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BCN

 ソニーは、最高ISO409600の高感度性能と15+ストップの広いダイナミックレンジ、高精細4K120p動画記録、精度と追従性を高めたAF性能など、撮影性能と機動性を追求した映像クリエーター向けフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S III」を10月9日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は41万円前後。  α7S IIIは、新開発の35mmフルサイズ有効約1210万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R(エクスモアアール)や、従来比約8倍の処理性能をもつ新開発の画像処理エンジンBIONZ XR(ビオンズエックスアール)を搭載。α7Sシリーズの特徴である感度性能がさらに進化し、特に中高感度域のノイズ低減による1段分の画質向上を実現するなど、大型照明設備がない暗いシーンなどでの撮影の幅を大きく広げている。  15+ストップの広いダイナミックレンジにより、明暗差の大きい環境でも豊かな階調の質感表現が可能となり、撮影後の編集の自由度を高めた。さらに、画素加算なしの全画素読み出しによる高精細な4K120p、4:2:2 10bit記録にα(Alpha)シリーズとして初めて対応し、高品位な画質で最大5倍の4Kスローモーションの映像表現も可能となっている。  また、新製品では、α7Sシリーズで初めて、高いフォーカス精度と追随性をもつ像面位相差AFシステムを搭載した。AIを活用したリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングにも対応し、57本の豊富なEマウントレンズ群との組み合わせで、静止画・動画撮影でのフォーカス表現の幅を広げる。また、動画専用の光学式5軸ボディ内手ブレ補正アクティブモードをαシリーズとして初めて搭載し、歩きながらの手持ち撮影でも高い安定性を発揮する。  小型ボディ設計と高速データ処理の両立に欠かせない次世代メモリカード規格のCFexpress Type Aを世界で初めて採用したほか、デジタル対応の音声収録やバリアングル液晶モニタ、新開発の高解像電子ビューファインダーなどにより、ワンパーソンオペレーションの機動性を高めている。  効率的な放熱設計やデュアルスロットを活用したリレー記録(2枚以上のメモリーカードへの連続書き込み)で、バッテリ容量を使い切るまで、1時間を超える高精細4K60p動画の記録が可能となっている。

【関連記事】

最終更新:
BCN