Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハナコ・岡部大、“朝ドラ”への出演が自信に!「撮影を思い出して、プレッシャーに勝っていきたい」<エール>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)。第14週(9月14日~9月19日)では、ハナコ・岡部大演じる田ノ上五郎が裕一(窪田)の弟子として登場し、話題となった。 【写真を見る】梅(森七菜)と五郎(岡部大)の“胸キュン”シーンも! 梅(森七菜)や、裕一ら古山家から愛され、“エールファン”の視聴者からも愛される五郎。そんな五郎の魅力を「真っすぐで真面目」なところと語る岡部にWEBザテレビジョンでは、インタビューを実施。“朝ドラ”出演への思い、印象にのこったシーンや役作りについてなどを聞いた。 ※以下、第14週のネタバレも含みます。 第69回(9月17日)の放送では、五郎のことが気になる梅(森七菜)は、久志(山崎育三郎)に相談する。すると、その気持ちは「恋だよ」と言われ、梅は五郎に自らの気持ちをぶつける。しかし、五郎は裕一の弟子を辞めることを告げ、古山家を去ってしまう。五郎を想い、涙を流す梅の姿にSNSでは「朝から泣きました」や「五郎ちゃん戻ってきてー!」など五郎と古山家、梅との別れに悲しむ声が多く上がっていた。 そして、第70回(9月18日)の放送では、文芸ノ友新人賞の授賞式で再会した幼なじみでもある先輩作家の幸文子(森田想)との対談にのぞむ。梅はふるさとの豊橋への思い、そして作曲家をあきらめて古山家を出ていった五郎への思いを素直に語る。対談後、梅は五郎をあちこち必死に探し回り、ついに再会。思いが通じ合い、梅と恋人となった五郎は、豊橋の関内家にて馬具職人として岩城(吉原光夫)のもとで厳しい修行を積むこととなる。 ■ 岡部大「ドラマでのお芝居が初めてだったので、とても緊張しました」 ――ドラマへのご出演が続いている岡部さんですが、やはり“朝ドラ”への出演というものは特別だったのでしょうか。 ずっと家族で見ていたドラマですし、出演できることはとてもうれしかったです。まさか僕が!という思いもありました。あとは「エール」でのお芝居が、ドラマでの初めてのお芝居だったので、とても緊張しました。“朝ドラ”の撮影はやはり、セットがとても豪華でスタジオに入った瞬間にその当時の雰囲気を感じることができて、とても印象的でした。 衣装も普段あまり着る機会がない着物なので、着ると五郎の気持ちになれるというか、気持ちが引き締まりますね。あとは、お腹が出ているからかもしれませんが、スタッフの方々に「似合いますね」と言っていただけたり、着付けの方に「着せやすい」と言っていただけてうれしかったです。 ■ 岡部大「真面目な五郎が言うからこそ、みんなの心に響くんだろうな」 ――演じた五郎の魅力や、岡部さんとの共通点などはありますか? 本当に、真っすぐで真面目なんですよね。真っすぐすぎるが故に、みんなが言えないようなことをズバッと言っちゃったりとか…でも、真面目な五郎が言うからこそ、みんなの心に響くんだろうなと思います。 僕との共通点は、やはり真面目なところではないでしょうか。僕も、周りから「真面目だな」と言われることが多いので。五郎よりはもうちょっと気を遣えているかな?とは思うのですが(笑)。 ハナコでは、相方の菊田(竜大)がズバッと言う役割を果たしてくれているので、五郎を演じる時に、菊田をイメージしながら演じたこともあります(笑)。 ――五郎は茨城弁を話しますが、方言などは苦労されましたか? 苦労はしなかったですが、練習はたくさんしました。練習している間にだんだん耳が慣れてきて、最初の頃は指摘されることも多かったのですが、最近では自然と茨城弁がでてくるようになりました。 でも、ほかのドラマの撮影の時に、茨城弁がでてきてしまって(笑)。「どこの訛りだ!」って突っ込まれたこともあります。 ――第14週で特に印象に残っているシーンはありますか? やはり、第69回(9月17日放送)の裕一さんに「弟子を辞めさせてください」と伝えるシーンですかね。窪田正孝さんは、本当に優しい方でその優しさが演じている裕一さんにもにじみ出ていて…。 師匠のように裕一さんを慕っていたので、辞めさせてくださいと伝えるシーンは本当に悲しくなりました。台本を初めて読んだときも悲しくて、泣いてしまいました。家で台本を読んだときが一番泣いたかもしれないです(笑)。 古山家の皆さんは本当に素敵な家族で、すぐに五郎を迎え入れてくれて…。五郎が家族バラバラになったという悲しい生い立ちなのですが、そういう事もあって、「五郎はなんて幸せ者なんだろう」「五郎はすごく恵まれた人間なんだな」と思いました。なので、古山家を離れるシーン、裕一さんに弟子を辞めさせてくださいと言うシーンは本当に悲しかったですし、印象に残っています。 ■ 岡部大「本番のときは本当にドキドキしてしまいました」 ――森七菜さん演じる梅とのシーンが印象的だったのですが、演じられてみていかがでしたか? もう森七菜ちゃん、めちゃくちゃかわいかったです(笑)。以前から、ドラマや映画などの作品も見させていただいていたので、相手役を演じると聞いたときは、僕で大丈夫かな?と顔の大きさとかコントラストとか、ちゃんと恋人に見えるのかな?と不安になったのですが…。大丈夫でした?(笑) 梅ちゃんは、少し大胆な行動をする子なので毎回ドキドキしながら演じています。撮影の初日が、梅ちゃんから告白されるシーン(第69回)だったのですが、本当にドキドキしました(笑)。 リハーサルと本番で、森さんが少しお芝居を変えてきて、本番のときは本当にドキドキしてしまいました。梅ちゃんの告白する姿が本当にかわいくてすぐに「好き!」ってなりましたね(笑)。なので、撮影中はずっと梅ちゃんにメロメロで、大好きでした。 これからも、五郎と梅ちゃんの“胸キュン”シーンが出てくると思いますので、楽しみにしていただきたいです! ――今後、五郎は馬具職人として修業を積んでいきますが、所作などの練習は大変でしたか? 学生の頃から家庭科なども得意で、細かい作業は苦手ではないのですが、とても難しいです。岩城さん役の吉原(光夫)さんがとてもお上手で、撮影の合間に教えていただきました。吉原さんの手元を動画で撮影させていただいて、自宅でその動画を見て復習したり…。吉原さんの所作がとてもかっこいいんですよ。本物の師匠と弟子のように、教えていただいています。 ――今回、“朝ドラ”に出演されて岡部さんの中で変化はありましたか? 変化…難しいですが、自分に自信が持てるようになったのかな?と思います。もともとそんなに自信を持てるタイプではなかったのですが、今後大舞台に挑むときも、「“朝ドラ”に出たんだから」と自分を奮い立たせられるような気がします。 こんなに素晴らしい作品に関わらせていただけて、本当に感謝しかありません。どんな時も、“朝ドラ”の撮影を思い出して、これからのプレッシャーに勝っていきたいですね!(ザテレビジョン)

【関連記事】