Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

午後9時までにスマホの電源をオフにするべき理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

学術誌『Organizational Behavior and Human Decision Processes』に掲載された論文によると、夜遅くまでスマートフォンを使用する習慣が、翌日の仕事の生産性に影響を与えることがわかった。その内容をアメリカ版『Prevention』からご紹介。 【写真】PCやスマートフォンを使っていて、こういう心当たりある? テクノロジーの悪影響と対策 ミシガン州立大学(MSU)の研究者は、アメリカの経営者82人と従業員161人を対象に、午後9時以降のスマートフォンの使用についての研究を実施。仕事に対する視点はそれぞれ異なるにもかかわらず、スマートフォンを20分使用しただけで、その翌日に精神疲労や仕事に集中できないといった症状が顕著に目立っていたと話すのは、この論文の筆頭著者であり、ミシガン州立大学経営学部の准教授を務めるラッセル・ジョンソン博士。 スマートフォンが放つブルーライトは、睡眠ホルモンのメラトニンの働きを抑制し、睡眠を妨げるだけでなく、気分の悪化や多くの健康問題につながるリスクを高める。テレビやパソコンによるブルーライトも同様に懸念されているものの、スマートフォンが最も健康に影響を与えるとジョンソン博士は話す。「スマートフォンのスクリーンは基本的に閉じられることがありません。パソコンであれば、使い終わると電源をオフにできますし、多くのタブレットは折りたたみ式ケースで画面をカバーしています。使用していないときでさえ、画面が光ったり音を立てて私たちの気を引こうとするのはスマートフォンだけです」 健全な睡眠をとり、やることリストを淡々と終わらせていくためには、ジョンソン博士いわく、就寝時間の30~60分前までにスマートフォンの使用をやめること。「スマートフォンを寝室に置かないようにすれば、心理的に仕事モードがオフになり、仕事と睡眠のような休息時間にしっかりと区切りをつけることができます」と、ジョンソン博士。そうすることで、一度ベッドに入ってしまえば、スマートフォンを触りたくなったり、睡眠を妨害されることはなくなる。 結論として、深夜までパソコンで仕事をするのなら、これだけは押さえておくべき。「しっかりと体を休め、翌日の仕事に備えるための大切な秘訣は、前日の夜に仕事からきっぱりと離れて、十分な休息をとることです」と、ジョンソン博士。要するに、Eメールやテキストの返信、カレンダーの更新をどのデバイスでしようと、翌日のあなたに悪影響を及ぼすことには変わりないということ。これからは夜9時までにはスマホを手元から離してみよう! ※この記事は、アメリカ版『Prevention』から翻訳されました。

【関連記事】