Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Logicool MX Anywhere 3登場! 高級マウスのコンパクトモデルの超詳細レビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

筆者は、一番最初のLogicoolのレーザーマウスMX-1000から、MX Revolution、M950、そして、MX Master 1~3と、もう16年間もLogicoolのフラッグシップマウスを使っている。 MXシリーズのマウスは、仕事をしている限りずっと傍らにある。なんなら妻の手よりもずっと長い間握ってる、一番長時間握ってるアイテムだ。 マウスはそれほど長時間使う道具なんだから、そこにお金をかける、最高のモノを使うのはもう当然だ。

MXシリーズのヘリテイジは、レーザーを使った正確無比なコントロール、最高のスクロールホイール、多ボタンによる作業効率の良さにある。 最新のフラッグシップモデルであるMX Master 3では、ガラス面でも完璧に動作する4000dpiのDark fieldレーザー、磁石を利用したMagSpeed電磁気スクロールホイールは、静かなクリック感があり、勢いよく回すとクリックなしで軽やかに回る。ステンレス製のしっかりとしたホイールだから操作感はとてもいい。また、Logicool Optionsというアプリにより、それぞれのボタンに機能を自在に割り振ることができる。 ここまで機能に優れたマウスは他にない。 その、MX Master 3のコンパクトモデルとして登場したのが、MX Anywhere 3だ。

サイドのウェーブが持ちやすさを高める

モデルとしては、MX Anywhere 2Sの後継機種ということになる。 しかし、従来型のMX Anywhere 2Sよりずいぶんと質感が向上している。 全体としては7g軽量化されて99gとなったのだが、しっとりした重量感含め、高級感はむしろ増している。

従来の、ちょっとバブリーな感じのする高級感に比べて、むしろしっとりとしたモダンな質感で、こちらの方がMacには似合うと思う。

いつも通り、数多くのモックアップを作って、さまざまな手のサイズの人に触ってもらって、持ち心地を確認したという。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ