Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「千原ジュニアの座王」最弱の“土下座王”決める、フルポン村上が提案

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
お笑いナタリー

明日9月5日(土)深夜放送の「千原ジュニアの座王」(関西テレビ)が「最弱は誰だ!? 土下座王45分SP~」と題して展開される。 【写真】関西グループとして出演する5名。(c)関西テレビ(メディアギャラリー他8件) 「座王」は芸人たちが即興芸で面白さを競うバラエティ番組。勝ち残った1人がチャンピオンとして「座王」の称号を得る。しかし今回はフルーツポンチ村上の「一度弱いものだけで戦わせてほしい」という提案によって、“最弱”を決める戦いが初めて開催されることになった。この番組で圧倒的な強さを誇る笑い飯・西田が初めて審査委員長を務める。 出演するプレイヤーは優勝経験のない10名。チャンス大城、しずる池田、フルーツポンチ村上、ザブングル加藤、狩野英孝の5名は関東グループ、スーパーマラドーナ田中、女と男・市川、祇園・木崎 ツートライブ周平魂、コウテイ下田の5名は関西グループに振り分けられた。各グループで負け越した代表が最終的に対戦し、最後まで負け残れば「座王」ならぬ“土下座王”として土下座しなくてはならない。不名誉な称号を避けるべく必死にあがく芸人たちの即興芸を楽しもう。 ■ フルーツポンチ村上 コメント 弱いプレイヤーを集めてもらえれば、自分がすんなり勝てるだろうと思ったから提案したんですが、予想していたよりもみんな強かったですね。 西田さんみたいに強いプレイヤーに当たると最初から委縮しちゃうんですけど、今回は「勝ちに来てます」って感じでのびのびとできました。もしかすると観ている人は、負けたほうがいっぱい勝負できるから「おいしい」と思われるかもしれませんが、やっているほうはマジで負けたくないんですよ。残れば残るほど、さっき負けたことを次に引きずってウケなくなる。だからドロー判定を出されると地獄なんですよ。でも、通常プレイヤーをしている西田さんが審査してくれたので、その辺はわかってくれました。 とにかく、負けるのが悔しいんですよ。今回の土下座王は、そんな勝負以外のドキュメンタリー的な要素も観ていただきたいですね。追い込まれて何度も負けて戦わされている姿をぜひ観てほしいです! ■ 笑い飯・西田 コメント 今まで得意分野じゃないところで負けていた人も多かったので、今回、得意なネタで本領発揮した人がいて面白かったです。ただ、最初は人数が多いんで和気あいあいとしているんですけど、最後のほうになるとみんな本当に「負けるのが嫌」という気持ちが出てきて、みるみる表情がどんよりしてくる。勝ち抜けた人は、最初あんなにびくびくしていたくせに、「俺はこのグループとは違うんだ」と言わんばかりに、負け残ってるメンバーを見下していく。さっきまで自分がいたとは思えないほど、さげすんだ目で見るんですよね……。 ■ 千原ジュニアの座王~最弱は誰だ!? 土下座王45分SP~ 関西テレビ 2020年9月5日(土)25:45~26:30 <出演者> MC:千原ジュニア  アシスタント:高橋真理恵(関西テレビアナウンサー) 審査委員長:笑い飯・西田  プレイヤー 関東グループ:チャンス大城 / しずる池田 / フルーツポンチ村上 / ザブングル加藤 / 狩野英孝 関西グループ:スーパーマラドーナ田中 / 女と男・市川 / 祇園・木崎 / ツートライブ周平魂 / コウテイ下田 ※祇園・木崎の崎はたつさきが正式表記。

【関連記事】