Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン授業が難しい実技科目、自律的学習を実現する「動画教材活用のコツ」とは? デジハリが長年のノウハウを解説

配信

EdTechZine

 新型コロナウイルスの影響もあり、さまざまな教育の場面で遠隔授業が広く行われるようになってきた。現場での試行錯誤も続いており、特に実技科目での指導の難しさを感じている人は多い。そうした課題感のもと、「デジタルハリウッドアカデミー」では、5月19日にWebデザイン・グラフィックデザイン等のデジタルスキル教育における「IT系実技科目の遠隔授業」についてウェビナーを開催した。デジタルハリウッド大学・デジタルハリウッド大学院の准教授であり、Webデザインの専任講師を務める栗谷幸助氏が、これまでの経験から得た、遠隔授業のコツや工夫について紹介した。

目的や手法など、多様化が進む「動画による遠隔授業」

 一般に動画による遠隔授業には、大別して、基本的な知識やスキルを繰り返しで漏れなく学べる「オンデマンド型」と、直接参加者と双方向でやり取りしながらスキルや知識を共有・深める「ライブ配信型」の2つが存在する。そして、それぞれの特徴を活かした手法にはさまざまなものがあるという。

 栗谷氏は、「デジハリ・オンラインスクール」で「オンデマンド型」に課題提出を組み合わせた授業を担当するほか、「オンデマンド型」と教室の講義を「ライブ配信型」で組み合わせたり、デジハリ専門スクールの反転授業で「オンデマンド型」の動画を活用したり、「オンデマンド型」と教室での講義のメリットをそれぞれ組み合わせてブレンディッド・ラーニングの授業を実施したりしてきた。また、別の通信制大学においても、「オンデマンド型」授業での非常勤講師を務めている。

 さらに、デジタルハリウッドの講義系の授業では、日ごろから事例の紹介や作品の共有・評価などに「ライブ配信型」を活用しており、トークセッションやイベントなどを「ライブ配信型」で行うこともあったという。

 「動画による遠隔授業」といっても多彩であり、目的も異なれば、手法や使用する機器なども異なるというわけだ。

「オンデマンド型」授業のコツはシラバスと質問対応

 デジタルハリウッドの「オンデマンド型」授業は、受講生に対して「ANY(エニー)」と呼ばれる学習管理システム(LMS:Learning Management System)を公開し、その中で実施している。受講コースごとに動画が格納されており、学生は自主的にそれらを閲覧して、ひも付けられたレポートを提出することで受講が完了する仕組みだ。

【関連記事】