Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ラブライブ!」聖地に、中国から届いた優しさ コロナ禍の沼津 「世界中のファンが故郷のように…」

配信

withnews

アニメやマンガの舞台を旅する「聖地巡礼」。魅力の一つは、ファンが地元の住民と交流できることです。近年特に盛り上がりをみせているアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台・静岡県沼津市には、海外からも多くのファンが訪れることで知られています。その交流は、コロナ禍でも形を変えて続いていました。(ジャーナリスト・河嶌太郎) 【沼津の写真はコチラ】ラブライブ!サンシャイン!!商店街に彩り

相次ぐライブ中止

沼津の賑わいぶりは「聖地」の成功例の一つとして取り上げられるほどです。例えば市内の「聖地」の一つ「三の浦総合案内所」の年間来所者数は、アニメ放送前の約9000人から一時8万人に増え、9倍近い伸び率となっています。作中に登場し、現実のアイドルグループとしても活躍する「Aqours(アクア)」のメンバーも、幾度となく沼津を訪れています。 ところが2020年3月以降、新型コロナウイルス感染拡大が「ラブライブ!」と沼津、そしてファンの三位一体を襲っています。 長年のラブライバー(「ラブライブ!」ファンの名称)で、沼津に毎週のように通っていた、神奈川県藤沢市に住むあきらさん(30)は悩みをこう打ち明けます。 「コロナによる影響で沼津にも、ライブにも行けない状況が続いています。ファンとしてできることは家で『ラブライブ!』のスマホゲームをやったり、過去のAqoursのライブのネット配信を見たりすることぐらいで、行き場を失っています。コロナが落ち着いたら、真っ先に沼津に行きたいです」 3月に仙台で予定されていたAqoursのユニットライブが6月に延期されたのを皮切りに、5月にさいたま市の埼玉スーパーアリーナで予定されていたライブが中止に。6月に延期となっていた仙台のユニットライブも再び中止となりました。

祭りも誕生日も

「聖地」沼津でも、「ラブライブ!」に関係する複数のホテルが閉業する事態に追い込まれています。「ホテル沼津キャッスル」が4月末をもって営業を終了。アニメの背景にも登場した「山三ビュウホテル」も4月に倒産しています。 イベントも行えない状況で、8月に毎年実施されていた花火大会「奥駿河湾海浜祭」も中止が決定しています。このお祭りはAqoursが歌う「サンシャインぴっかぴか音頭」をファンと地元関係者が一緒になって踊るプログラムもあり、「聖地巡礼」によって生まれた交流を象徴するものでした。 ファン主導の取り組みでは、9人の主人公の1人、渡辺曜の誕生日が4月17日だったことから、市内で誕生日を祝う様々なイベントが予定されていましたが、ことごとく中止となっています。

【関連記事】