Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《ブラジル》サンパウロ難民移民座談会=「でも、ブラジルは良い国です!」(2)= 大浦智子 難民全員がコロナ禍で大打撃

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッケイ新聞

――カルロスさんがベネスエラからブラジルに来て、難民申請するまでのことを教えてください。 【カルロス】ベネズエラのカラカス出身です。2016年にバスでベネズエラ国境を通過してマナウス(アマゾナス州)へ。そこからフォルタレーザ(セアラー州)に移り、政治的迫害を理由に難民申請を行いました。フォルタレーザで3カ月を過ごし、そこから飛行機でサンパウロに移りました。  ベネズエラではジャーナリストとして行政機関に勤めていました。テレビ番組の制作やイベント企画のマネージャーを務め、会計責任者も務めていました。ある時、仕事中に通常の見積もりをはるかに上回る額に書き換えて署名するよう指示を受け、容易に汚職が想像できたことから拒否しました。それで、自分や家族にも身の危険があると察知し、出国を決意しました。

――現在のお仕事は? サンパウロに来てから生活面で困ったことや、それをどの様に克服してきましたか? 【カルロス】パートナーのベネズエラ人女性とベネズエラ料理店『Nossa Janela』(https://www.facebook.com/nossajanelasp/)を経営し、ケータリングサービスなどを行っています。文化施設等で料理教室を開催したこともあります。  ブラジルに来た当初は過去のキャリアを活かした仕事を探しましたが、良い機会に恵まれませんでした。サンパウロ市に来る前に短期間ジュンジャイ市で過ごしましたが、人々からの偏見があり、物事は上手くいきませんでした。小さい町のせいか人々は難民のことをあまり知りませんでした。  その後サンパウロ市に来て、ミッソン・ダ・パス教会に住み、仕事を探しました。良い仕事を見つけるのは難しく、追い打ちをかけられるように「難民や移民がブラジル人から仕事を取りに来た」と言われて衝撃的でした。  私はこの神話を払いのけるため、自分のビジネスを立ち上げることにしました。簡単ではありませんでしたが、暗い穴と感情的な混乱から抜け出すには、自分自身が立ち上がるしかありません。

【関連記事】