Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドローン活用の農業 京都・南丹のベンチャー企業が優秀賞 「京信・地域の起業家アワード」で

配信

京都新聞

 京都府南丹市日吉町の旧五ケ荘小を拠点とし、小型無人機ドローンを使ったサービスを手掛けるベンチャー企業「UNIXIA(ユニシア)」がこのほど、「京信・地域の起業家アワード」で優秀賞を獲得した。若手起業家が先端技術を使い、農業の省力や効率化を図り地域活性につなげたことを評価された。  京都信用金庫が主催で、創業5年以内の企業が対象。京都府、滋賀県、大阪府から108の企業から応募があり、そのうち10社が優秀賞に選ばれた。丹波地域2市1町では同社のみ。  ユニシアは、昨年1月に、同小卒業生の久野光平代表(30)と、同市園部町出身の小林亮太さん(30)が設立。丹波2市1町を中心に、農家の依頼を受けて、ドローンで農薬や除草剤の散布などに取り組んでいる。  久野代表は「農作業の負担を減らすことで、農家に挑む移住者を増やし、地元を盛り上げていきたい」と意気込んでいる。 

【関連記事】