Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミクシィ出身の千葉ジェッツ新社長が就任「モンストの知見をバスケ活性化に生かす」

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

バスケBリーグの千葉ジェッツは7月1日付けで田村征也社長が正式に就任する。 千葉ジェッツといえばリーグ屈指の強豪であり、さらに島田慎二前会長(現Bリーグチェアマン)という敏腕経営者によって、倒産寸前のチームを黒字へ立て直し、スポーツビジネスという面でも注目されてきた。2019年8月に就任した米盛前社長は1年未満での交代となり、田村新社長は正式就任前にあたる5月中旬から本格的に指揮を執り始めている。 【全画像をみる】ミクシィ出身の千葉ジェッツ新社長が就任「モンストの知見をバスケ活性化に生かす」 千葉ジェッツは、ミクシィとはパートナー(※)として関わり始め、2019年4月にミクシィの傘下に入った(※千葉ジェッツはスポンサーのことをパートナーと表現する)。 田村新社長は、ミクシィの執行役員スポーツ事業本部本部長でもあり、過去にはモンスターストライクやeスポーツのイベントなどで実績を上げてきた。 今回の社長交代は明らかに、ミクシィが千葉ジェッツを通してスポーツビジネスを本格化させていく号砲だ。千葉ジェッツがミクシィと共に歩むことで、チームはどう変わるのか、何を実現していくのか、田村社長に聞いた。

新型コロナの影響を受けて「社長交代」

まず、田村社長は今回の交代について、新型コロナウイルスの影響が大きかったと説明した。 「コロナが一年待てば収束しそうとかわかれば良かったのですが、影響が現時点でも読めない。また、その中でアリーナへの投資を進めていくところで、ミクシィとジェッツをスムーズに連動させる必要があり、体制を変えることになりました」 千葉ジェッツはBリーグ屈指の人気球団で、2018・2019年シーズンのリーグ戦の平均観客動員数は5204人と4シーズン連続でリーグトップを誇る。また、チームには地元企業を中心に約300社(2019・2020年シーズン)ものパートナーがついている。 米盛前社長からバトンを受け取った田村新社長は、人気チームの経営トップに就いた重みを実感する。 「千葉ジェッツがブースター(ファン)に、地域に、パートナー様に愛されていることを感じました。皆さんの期待を背負っているプロ球団ということをかみしめました。ジェッツをさらに成長させるために来ましたが、重責を感じます。ただ、自分ひとりでやろうとは一切思っていません。常任理事たちと一緒になって責任を持ってやっていきたい」 田村社長はさっそくパートナーへのあいさつ回りを行い始めている。 「まだ今シーズンの営業活動を始めたばかりで、パートナーの契約がどうなるかは読めません。しかし、(新型コロナの)状況下でもパートナーの皆様から、引き続き変わらず応援します、との多くの声は頂いています」

【関連記事】