Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ソルトワールド基礎講座】漁具系ルアー・インチクの基本

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

原型はマルゴナマリという漁具

いまや全国的に親しまれている漁具系ルアーの世界。手軽で簡単で、多様な魚種に効くとあればそれも当然だ。そんな漁具系ルアーのなかでも、大型魚のヒット率で人気が高いのがここで紹介するインチク。タイラバほどメジャーな存在ではないが、その実力はかなり高いのである。

インチクは北陸地方を中心とした日本海側で発達した『マルゴナマリ』という漁具が原型である。マルゴというのは関東で言うワラサ、関西で言うメジロのこと。つまり、ブリ系の青物を釣るために考案された和製ルアーなのだ。そのため形はシンプルで余計な装飾もなく、むき出しの鉛にタコベイトが付いただけ。

ルアーっぽくないルックスは漁具に共通する特徴だ。しかしそれを現代風に改良・アレンジした現在のインチクはサイズやカラーのバリエーションも多く、あらゆるシーンに対応することが可能だ。

インチクの原型はマルゴナマリ。マルゴとは北陸地方の呼び名でワラサのこと。

ターゲットは無限

元々のターゲットが青物であることは前述の通りだが、インチクもタイラバ同様、多種多様なターゲットに効果がある。ざっと挙げるだけでも、カサゴ、ハタ、ソイ、メバルなどの根魚、ヒラメ、カレイ、マゴチといった砂物からマダイ、シーバス、タチウオ、さらにはブリ、カンパチ、マグロ類と枚挙にいとまがないほど。

元々のターゲットが青物であることは前述の通りだが、インチクもタイラバ同様、多種多様なターゲットに効果がある。

ざっと挙げるだけでも、カサゴ、ハタ、ソイ、メバルなどの根魚、ヒラメ、カレイ、マゴチといった砂物からマダイ、シーバス、タチウオ、さらにはブリ、カンパチ、マグロ類と枚挙にいとまがないほど。

特筆すべきはこれも前述した通り、ヒットする魚が相対的に大型であること。タイラバにはそれほど大きくない魚も掛かってくるが、インチクに食い付き、ハリ掛かりしてくるのはその魚種の中でも大型の個体が多い。そんな点も隠れたファンが根強く存在する理由だろう

【関連記事】

最終更新:
FUNQ