Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「枝野幸男代表」初街宣は閑散 「菅総理」批判も内容は不明瞭で…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 かつて、立憲民主党を旗揚げし、新宿駅東南口に3千人近くもの聴衆を呼び寄せた枝野幸男代表(56)。

 それから3年の時が流れた9月19日、新たな立憲民主党の代表として枝野氏が全国遊説のスタート地点に選んだのは、千葉県柏市の郊外だった。  政治部記者によれば、 「柏といえば、JR柏駅直結のテラスにある広場が街頭演説では定番。当然、会場はそこだろうと思っていたのですが、案内をみれば、柏駅からバスで30分近くかかるスーパーの敷地だった。なんでも、党本部直々のご下命で、遠方の会場が選ばれたそうです」  参加者の話を聞いてみれば、その理由も頷ける。 「歩みを止めて枝野さんの演説に耳を傾けたのは、せいぜい200~300人くらい。密になるほどの聴衆もおらず、枝野さんを含め弁士は演説中、マスクを外していました。まさかコロナ対策のために人口密度の低い会場を選んだはずもなく、聴衆が少なくても言い訳できるようにと選んだんじゃないか、なんて囁かれていましたね」  熱気とは程遠い雰囲気の中で行われた演説は、精彩を欠き、あらぬ誤解も。 「枝野氏は、デジタル化政策ばかりを唱える菅義偉総理を批判し、自然エネルギー立国を宣言。デジタル化に加えて自然エネルギーをと言いたかったようですが、デジタル化を批判しているかのように捉えられ、逆に批判が起こってしまった」(先の記者)  前途多難の予感大。 「週刊新潮」2020年10月1日号 掲載

新潮社

【関連記事】