Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年前半、最も検索されたファッションブランド&アイテムとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

ファッション検索エンジンの「リスト(Lyst)」は、四半期ごとにインターネットとソーシャルネットワークで最も人気のあるブランドとファッション作品のレポートを公開している。現時点で最も検索されたワードについてフランス版「エル」が考察。

困難な時期、最も成功したファッションブランドとアイテムとは?

「リスト(Lyst)」 は、12,000のブランドとECサイト500万人以上の消費者の閲覧とオンラインショッピングの行動を分析した。第一四半期(2020年1~3月)は政治的および社会的背景がファッション業界に多大な影響を与えている。軍事的な緊張の高まり、オーストラリアを襲った火災、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、業界の広範囲を麻痺させた。だが「多くの人々がウイルスと戦うために家に閉じ込められている間、消費者の信頼を得た者もいる」と「リスト」は報告する。 現在、ファッション実店舗でのショッピングは不急不要として認められておらず、著名人やインフルエンサーは閉じ込められて以来、もはや消費者に購買的な影響を与えられていない状況にある。逆に、何人かのクリエイターは際立っている。なかでも特筆すべきは「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE % VIRGIL ABLOH)」の創設者であるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)だ。

ミラノを拠点とするブランドは、3年連続で世界で最も人気があると位置付けられている。デジタルに対する戦略的アプローチによる成功が、その大きな理由。インスタグラムのフォロワー数が1,000万人を超えたばかり(2020年4月29日現在)のこのブランドには、忠実なオンライン・コミュニティがある。「リスト」によると、「エビアン」とのコラボレーションや旧正月に向けたカプセルコレクション、1月のメンズファッションウィークで発表した「ナイキ」“エアジョーダン”とのコラボなどが理由として挙げられている。

【関連記事】