Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

笑顔のおすそ分け!「幸せの国」ブータン国王家族が素敵

配信

コスモポリタン

「世界で最も幸福度が高い国」として知られる南アジアの国、ブータン王国。 手つかずの自然やチベット仏教の文化、そして穏やかな人々が魅力な国に、一度は行ってみたいと思う人も多いはず。 【写真】ワンチュク国王&ジェツン・ペマ王妃の初々しいキスショット そんなブータンのもう一つの魅力といえば、容姿端麗で親しみやすい印象で人気のジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王と、凛とした美しさを持つジェツン・ペマ王妃、そして今年4歳を迎えたチャーミングなギャルセイ王子! そこで今回は、見ているだけで幸せになるブータンの国王一家の貴重な写真たちをお届けします。 カラフルで美しい柄の民族衣装にも虜になってしまうはず!

26歳の若さで国王に

その爽やかさから絶大な人気を誇る、ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王。アメリカのマサチューセッツ州で高校生活を送ったうえ、イギリスの名門オックスフォード大学で国際関係学を専攻した超エリートというグローバルな一面も。 2006年に父であるジグミ・シンゲ・ワンチュク前国王から国王の座を譲り受け、弱冠26歳で即位。 2008年の戴冠式で公式にブータン国王となりました。

2011年にご結婚

国王は、2011年に一般人だったジェツン・ペマ王妃とご結婚。国王が31歳、王妃が20歳でまだ学生だったのだそう。 ジェツン・ペマ王妃もイギリスのリージェンツ・ユニバーシティ・ロンドンにて、国際関係学、心理学、美術史を専攻したエリートなのだとか。

2016年に第一子誕生

2016年2月5日に第一子であるギャルセイ・ジグメ・ナムゲル王子が誕生!息子を抱きしめる国王の表情から、愛が伝わってくる…。

家族3人でにっこり!

ブータンの首都ティンプーにある王宮タシチョゾンで撮った、家族写真。幸せに満ち溢れた様子でカメラに向かってほほ笑む王妃と王子、そしてそれを支えるように手を添える国王の姿は、まさに理想的な家族像…! 1歳になった王子は、元々の名はギャルセイでしたが、その後正式にジグミ・ナムゲル・ワンチュクと名付けられたそう。

【関連記事】